全米一のパン屋が日本上陸延期を決めたワケ

ブルーボトルも認めた絶品クロワッサン

ちなみに、ドミニク・アンセル・ベーカリーも今月、初の国際フラッグショップ店を東京にオープンする。タルティーンが上陸することになれば、日本のグルメシーンが、さらにエキサイティングになること請け合いだ。

タルティーンといえば、カントリーローフ(山形のフランスパン「カンパーニュ」のこと)が有名だが、シナモンシュガー味のロール型パンである「モーニング・バン」のファンも多い。

地元産の食材を使うことへのこだわり

タルティーンでも人気の高い「モーニング・バン」

「甘さもほどよく、完璧に作られている。言葉で表せないほどおいしい。私のお気に入り!」と言うのは、カリフォルニアのニューポート・ビーチに住む、広告代理店メーソンジャーPRの創業者、テイラー・ハーキンスさん(26)だ。

サンフランシスコに3年ほど住んだことがある彼女は現在、仕事の傍ら、30歳までに全米50州を回るべく旅を続けており、各地のモーニング・バンにトライした。だが、タルティーンのバンが「最も忘れがたい」味だったという。

何が、それほど特別な風味や食感を生み出すのか。ロバートソン氏が特にこだわるのは、全粒粉など、地元産の穀類だ。「栄養や風味の点からだけでなく、農家のサステナビリティ(持続性)のためにも、穀類を育てていきたい」と、ロバートソン氏は、サンフランシスコ・クロニクル紙(2014年10月8日付)に語っている。

こうした姿勢も、タルティーンが地元から支持されている理由の一つだろう。健康のためだけでなく、全粒小麦粉製のペイストリーを好きになってほしいというのが、ロバートソン氏の願いだ。同氏は、サンフランシスコ・クロニクル紙の別の記事(昨年9月4日付)で北海道産の小麦を絶賛。「日本で言う『モチモチ』のタルティーンのパンにぴったりだ」と話している。

女性誌やグルメ雑誌はパン特集が定番になっているほど、パン好きが多い日本でタルティーンは果たして受け入れられるだろうか。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 内田衛の日々是投資
  • はじまりの食卓
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。