全米一のパン屋が日本上陸延期を決めたワケ

ブルーボトルも認めた絶品クロワッサン

ちなみに、ドミニク・アンセル・ベーカリーも今月、初の国際フラッグショップ店を東京にオープンする。タルティーンが上陸することになれば、日本のグルメシーンが、さらにエキサイティングになること請け合いだ。

タルティーンといえば、カントリーローフ(山形のフランスパン「カンパーニュ」のこと)が有名だが、シナモンシュガー味のロール型パンである「モーニング・バン」のファンも多い。

地元産の食材を使うことへのこだわり

タルティーンでも人気の高い「モーニング・バン」

「甘さもほどよく、完璧に作られている。言葉で表せないほどおいしい。私のお気に入り!」と言うのは、カリフォルニアのニューポート・ビーチに住む、広告代理店メーソンジャーPRの創業者、テイラー・ハーキンスさん(26)だ。

サンフランシスコに3年ほど住んだことがある彼女は現在、仕事の傍ら、30歳までに全米50州を回るべく旅を続けており、各地のモーニング・バンにトライした。だが、タルティーンのバンが「最も忘れがたい」味だったという。

何が、それほど特別な風味や食感を生み出すのか。ロバートソン氏が特にこだわるのは、全粒粉など、地元産の穀類だ。「栄養や風味の点からだけでなく、農家のサステナビリティ(持続性)のためにも、穀類を育てていきたい」と、ロバートソン氏は、サンフランシスコ・クロニクル紙(2014年10月8日付)に語っている。

こうした姿勢も、タルティーンが地元から支持されている理由の一つだろう。健康のためだけでなく、全粒小麦粉製のペイストリーを好きになってほしいというのが、ロバートソン氏の願いだ。同氏は、サンフランシスコ・クロニクル紙の別の記事(昨年9月4日付)で北海道産の小麦を絶賛。「日本で言う『モチモチ』のタルティーンのパンにぴったりだ」と話している。

女性誌やグルメ雑誌はパン特集が定番になっているほど、パン好きが多い日本でタルティーンは果たして受け入れられるだろうか。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナ戦争を読み解く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。