全米一のパン屋が日本上陸延期を決めたワケ

ブルーボトルも認めた絶品クロワッサン

事業拡大に慎重だと言われるタルティーンだが、米紙によると、ブルーボトルによる買収を皮切りに、ロサンゼルスやニューヨークにも店舗を開く予定だ。

ミッション地区はヒスパニック系住民が多い庶民的なエリアだが、シリコンバレーのITブームに伴い、再開発が進み、トレンディーなカフェやレストランなどが次々と誕生。オシャレなエリアに変わりつつある。

創業から13年経っても行列が絶えず

サンフランシスコのミッション地区にあるタルティーンの店内

毎年、フードトレンド・リポートを発行し、西海岸のフードシーン・ウォッチャーとして知られるフリーマン氏によれば、タルティーンは、質の高いベーカリーがベイエリアに生まれるきっかけをつくった「元祖トレンドセッター」だ。創業から13年、「その質が落ちたことはない」(同氏)。

「明確なコンセプトと戦略から脱線しないことが、大成功を導いた」と、フリーマン氏は分析する。

ニューヨーク・タイムズ紙は、同店を「最も優れたフレンチスタイル・ベーカリーの一つ」とし、そのクロワッサンを、「サクサクとしながらバターが豊富で、パリッとしていながら、しっとりとしている」と評価する。

日本のクロワッサンは、しっとり感が強すぎる傾向があり、米国は逆にパサパサで硬いことが多いが、タルティーンのクロワッサンは一味違う。

同店のクロワッサンが好きだというサンフランシスコ在住アーティストのリサルース・エリオットさんによれば、タルティーンが位置するストリートは、レストランなどが複数ある「Gourmet Gulch(グルメ渓谷)」と呼ばれるエリアだが、「サンフランシスコらしさ」を求めて、多くの観光客が行列をつくるという。

次ページタルティーンを率いる若きオーナーの素顔
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。