全米一のパン屋が日本上陸延期を決めたワケ

ブルーボトルも認めた絶品クロワッサン

事業拡大に慎重だと言われるタルティーンだが、米紙によると、ブルーボトルによる買収を皮切りに、ロサンゼルスやニューヨークにも店舗を開く予定だ。

ミッション地区はヒスパニック系住民が多い庶民的なエリアだが、シリコンバレーのITブームに伴い、再開発が進み、トレンディーなカフェやレストランなどが次々と誕生。オシャレなエリアに変わりつつある。

創業から13年経っても行列が絶えず

サンフランシスコのミッション地区にあるタルティーンの店内

毎年、フードトレンド・リポートを発行し、西海岸のフードシーン・ウォッチャーとして知られるフリーマン氏によれば、タルティーンは、質の高いベーカリーがベイエリアに生まれるきっかけをつくった「元祖トレンドセッター」だ。創業から13年、「その質が落ちたことはない」(同氏)。

「明確なコンセプトと戦略から脱線しないことが、大成功を導いた」と、フリーマン氏は分析する。

ニューヨーク・タイムズ紙は、同店を「最も優れたフレンチスタイル・ベーカリーの一つ」とし、そのクロワッサンを、「サクサクとしながらバターが豊富で、パリッとしていながら、しっとりとしている」と評価する。

日本のクロワッサンは、しっとり感が強すぎる傾向があり、米国は逆にパサパサで硬いことが多いが、タルティーンのクロワッサンは一味違う。

同店のクロワッサンが好きだというサンフランシスコ在住アーティストのリサルース・エリオットさんによれば、タルティーンが位置するストリートは、レストランなどが複数ある「Gourmet Gulch(グルメ渓谷)」と呼ばれるエリアだが、「サンフランシスコらしさ」を求めて、多くの観光客が行列をつくるという。

次ページタルティーンを率いる若きオーナーの素顔
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • 中学受験のリアル
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行員の岐路<br>30万人の明日はどっちだ

超低金利、過剰な店舗、デジタル化対応にフィンテックの台頭。大きな課題に直面する銀行の苦悩は、岐路に立たされる銀行員たちの姿でもある。3メガバンクの人事改革、銀行員の転職事情、地銀決算ランキングなど、銀行員必読の特集。