全米一のパン屋が日本上陸延期を決めたワケ

ブルーボトルも認めた絶品クロワッサン

これほどの人気店を仕切るオーナーとは、どのような人物なのか。

妻のエリザベス・プルーイット氏と共同でタルティーンを経営するチャド・ロバートソン氏は、40代前半の、脂が乗り切った一流のパン職人にして敏腕起業家だ。ブルーボトルのフリーマン氏に言わせれば、「全米一のパン職人」である。

全米の賞を総なめ

一方、プルーイット氏は、パティシエとして、主力商品のバナナクリームパイやココナッツケーキなど、スイーツに腕を振るっている。

サンフランシスコ在住若手ビジネスコーチ、ニコール・ライトさんのお気に入りは、スモークハムとスイス製グリュイエール・チーズの朝食用ペストリー「パン・オー・ジャンボン」。だが、アフターファイブには、チョコレートヘーゼルナッツ・タルトとベルギー産ビールで一日を締めくくるのが「大いなる喜び」だという。

オーナーのチャッド・ロバートソン氏

タルティーンのウェブサイトによると、両オーナーとも、ニューヨーク州北部の料理専門大学、カリナリー・インスティテュート・オブ・アメリカを卒業。フランスで修業後、帰国し、サンフランシスコ北西に位置する小さな町、ポイント・レイズ・ステーションに「ベイビレッジ・ブレッズベーカリー」を開いた。スターシェフ、アラン・デュカス氏からもパンが注目され、同氏の著書で取り上げられたという。

そして、6年後の2002年にタルティーンベーカリー&カフェをオープン。米レストランガイド『ザガットサーベイ』で、サンフランシスコのベストベーカリーに選ばれるまでに成長した。2008年には、両氏とも、卓越したペイストリーシェフに贈られる米「ジェームズ・ビアード賞」に輝いている。

その後も、タルティーンの快進撃は続く。2013年には、食を専門とする米オンラインマガジン、デイリー・ミールの「米ベストベーカリー・トップ50」で1位を獲得。クロワッサンをベースにしたドーナツ「クロナッツ」が大ヒットしたニューヨークの「ドミニク・アンセル・ベーカリー」を抜き、全米トップのベーカリーの座を射止めた。

次ページ特別な食感や風味を出せるワケ
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中原圭介の未来予想図
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
沸騰! 再開発バトル<br>「不動産好況」はいつまで続く

東京をはじめ、地方都市でも活況が続く都市再開発。人口減少時代に過剰感はないのか。ベンチャーの聖地を争う東急・三井両不動産、再開発で「浮かんだ街・沈んだ街」、制度を巧みに使う地上げ最新手法など、多方面から街の表と裏の顔を探る。