試験当日、「受かる人」はこの3つを"しない"

「冷静と情熱の間」な精神状態を築く方法

人間というのは不思議なもので、「これが縁起がよい」と思えば、神であろうが仏であろうがチョコレートであろうが、拝むものです。中学入試以来、チョコレートは私の必携アイテムになりました。

こうしたポジティブなゲンであれば担いでかまいません。私自身も上記のとおり、ゲンを担ぐ派ではありますが、まぁ言ってみれば気休めです。基本的にはゲンなんて気にしなくていいですし、ネガティブにとらえるのはもってのほかです。

第3条 試験が終わるまでは人としゃべるな

この3か条目がいちばん重要。試験当日は、基本的にほかの受験生としゃべるのはやめましょう。

時間が長い試験だと、午前と午後の間にランチが入ったり、場合によっては試験が2日間にわたったりすることもあります。すると、試験の合間のタイミングで聞こえてくるのが、「あの科目難しかったなぁー」「あそこの問題なんて書いた?」といった会話。

答え合わせをしてしまいたくなるのが人の常というものですが、話している相手は採点官でもなんでもないのですから、「答え合わせもどき」をしたところで意味がありません。

みんな「実力が出せていない」と悩んでいる

ちょっとした安心感を得ようと、ちょっとだけ答え合わせをしても、その問題に正解したからといって合格できるわけではないですし、間違っていたら精神的に大きなダメージを受けます。まさに前門の虎、後門の狼。

いつも受験仲間に囲まれているあなたも、試験当日だけは仏頂面で通してください。1日で友達がいくらか減るかもしれませんが、それはもう気にしないでください(笑)。

この3か条を守れば、「冷静と情熱の間」な精神状態で試験に臨めるはず。普段の実力が出せていないと感じるのは、みんな同じです。それでも、最後まで自分を信じましょう。私もご質問者様が今年の試験で実力を発揮できるよう、司法書士の試験会場に駆けつけます! チラシを持って(笑) 頑張ってください!

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。