試験当日、「受かる人」はこの3つを"しない"

「冷静と情熱の間」な精神状態を築く方法

第1条 いつもと違うことはするな

これは定石。脳を冷静な状態で試験まで持っていくことが重要なので、いつもとあえて違うことをしてはいけません。たとえば、いつも朝走っているのであれば、当日も朝は走るべきだし、朝ごはんにはパンを食べているなら、その日もパンを食べたほうがいいです。

こうしたルーチンには、脳をいつもと同じ状態に置くという効果が期待できます。スポーツ選手の中にも、勝負に入る前に必ず一定の動作を行う人が多いですね。イチロー選手がバッターボックスに入るときや、水戸泉関が土俵に入るとき(古いか!?)などなど、具体例を挙げればきりがない。ルーチン化によって脳の冷静さを保ち、本領を発揮できる状態にもっていくのです。

私の場合は、いつもと同じ歌を聞くことがこれにあたります。センター試験の勉強をしていたときは、いつもスピッツの「リサイクル」というアルバムを聞いていました(アラサー世代にはおなじみですが、今の20代からすれば懐メロでしょうか)。

歌を聞かせることで「いつもと同じ状態である」ということを脳に指令し、α波だかθ波だか分かりませんが、リラックスした脳の状態にするのです。これを実践している人は多いでしょう。

ポジティブなことにだけ目を向ける

第2条 ゲンは気にするな

そして、「ゲンは気にするな!」。これが2か条目です。「ゲンを担ぐな」と言っているわけではありません。私が言いたいのは「ゲンが悪い」と思われる事象が起きても、そんなもの気にするな、ということです。

行きの道で黒猫が横切った、手が滑って箸や定期入れを落とした……。こんなこと、日常茶飯事です。いちいち気にしていたらキリがありません。

もしゲンを気にするのであれば、ポジティブな方向のみにしてください。たとえば、私は、試験の本番前には必ずチョコレートを食べるようにしています。これは、チョコレートに成功体験が紐づいていて、私にとって「縁起がいい」からです。

生まれてはじめての入試であった開成中学の入試の際、がちがちになっている私に母親が持たせてくれたのがチョコレートでした。「これ食べたら頭が働くから」という、今思えばナゾの理由で手渡してくれたものですが、無垢な小学生だった私は素直にそれを聞き、頭が働くと信じて入試に臨み、そして合格できたというわけです。

次ページいちばん大事な3か条目
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。