三井物産がBPと和解、原油流出事故で「手切れ金」


 これを受け、三井物産は2011年3月期で費用負担を損失計上し、連結純利益を下方修正した。だが、今の三井物産の収益力を考えれば、これぐらいの損失はさほど重い負担ではない。修正後でも連結純利益は3060億円に上り、3月期決算の全上場企業(金融機関を除く)の中で8番目に名を連ねた。

加えて、12年3月期の連結純利益は4300億円と過去最高を更新する見込みだ。鉄鉱石を中心とする金属資源と並んで好業績を支えるのが、数多くの出資プロジェクトを有する原油・天然ガスなどのエネルギー部門。今回の探鉱プロジェクトでは痛い思いをしたが、「原油・天然ガス事業が当社の重点分野であることに何ら変わりはなく、今後も開発案件への投資を積極的に行っていく」(三井物産)と、あくまでも強気だ。

◆三井物産の業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示 <会員登録(無料)が必要です>]

(渡辺清治 =週刊東洋経済2011年6月4日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT