有料会員限定

現行NISAとどう違う?ゼロから知りたい新NISA 投資初心者に向け、Q&A方式で専門家が解説

✎ 1〜 ✎ 7 ✎ 8 ✎ 9 ✎ 最新
拡大
縮小

話題の新NISAについて、投資の初心者にもわかるよう、専門家がQ&A方式で解説する。

アルファベットのQとAのブロック
(写真:saki / PIXTA)

特集「新NISA革命」の他の記事を読む

2024年1月からいよいよ「新NISA(少額投資非課税制度)」がスタートする。株や投資信託で儲かっても、1人生涯1800万円まで無税という、大盤振る舞いの新制度だ。週刊東洋経済10月21日号では『新NISA革命』を特集。新NISAの仕組み、ネット証券の選び方、6000本ある投信からプロがお薦めする7本、投信ランキングBEST200など、資産運用の現場で今何が起きているか、その最前線を追った。
週刊東洋経済 2023年10/21号(新NISA革命)[雑誌]
週刊東洋経済 2023年10月21日号は「新NISA革命」を特集。書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。バックナンバー常備店はこちら

2024年1月から始まる新NISA(少額投資非課税制度)。投資初心者が悩む問題について、専門家に聞いた。

Q 新NISAを前に現行NISAを始める意味はありますか?

A 始める意味は大いにある。2024年からの新NISAは、現行のつみたてNISAや一般NISAとは別の制度となる。そのため、2023年までに現行NISAを利用したかどうかにかかわらず、新NISAでは、誰もが平等に同じ非課税限度の1800万円を生涯利用できるようになるからだ。

また、投資で大きなリターンを得るには、できるだけ長く投資を継続することが大切。そのためにも23年の今から現行NISAを始めるほうがいい。

現行NISAなら20年無税のつみたてNISAを

次ページなぜ「ほったらかし投資」がいいのか
関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
新NISA革命
純資産総額から10年トータルリターンまで
新NISAでは50~60代でも積立・運用はできる
ファンドの分類から各種指数、目標利回りまで
貯蓄から投資へ、不可欠なのは金融経済教育だ
長期で積み立て続ける日々をどう楽しむか
ゼロ革命の仕掛け人、SBIHDの北尾吉孝氏が語る
投資初心者に向け、Q&A方式で専門家が解説
基準価額、ノーロード、分配金・・・株とどう違う
次はSMCかキーエンスか。それともファストリか
アクティブ投信は運用会社が仕事を作ったもの
松下浩一・投資信託協会会長インタビュー
楠雄治・楽天証券社長に単独インタビュー
髙村正人・SBI証券社長に単独インタビュー
オフィスやホテルのほかに物流施設も狙い目
自分の人生の残り時間を逆算して考えるべき
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内