東武が「水族館のアイドル」を乗車させたワケ

スカイツリー3周年で浮かび上がる課題

画像を拡大
金色をベースとした特別塗装の「日光詣スペーシア」(撮影:梅谷秀司)

この視点で見ると、ほかのイベントにも変化が感じられる。4月には、東武の看板特急「スペーシア」に特別塗装を施した「日光詣スペーシア」の運行を始めた。

通常のスペーシアは白を基調とした車両にオレンジやブルーのラインが入ったデザインだが、「日光詣」は金色を基調に黒や朱色のラインが入っている。

日光は首都圏から近く、外国人観光客にも人気の高い観光地だ。今年は世界遺産である日光東照宮が400年式年大祭を行う年でもある。日光への鉄道アクセスは東武とJRという2つの方法があるが、「日光イコール東武というイメージを強固にしたい」と東武の担当者は語る。そのため、「日光二社一寺の色彩である金色や朱色をスペーシアの外装に取り入れた」。これも「テーマ性」の一例として挙げられるだろう。

川越アクセスに専用列車投入?

さらに、東武が目下検討しているのは、東武東上線の主要駅である川越の観光開拓だ。首都圏から近くにあって江戸の風情を楽しめる川越は近年、観光客が急増中。川越を訪れる外国人観光客も年々増えている。

東京から川越への鉄道アクセスは、東上線のほかにJR埼京線、西武新宿線がある。この中では、池袋―川越間を30分程度で結ぶ東上線が時間的に優位に立つが、西武は特急「小江戸」号を運行しているほか、本川越駅が観光名所の「時の鐘」にも近いことをアピールする。JRには、ジャパンレールパスを使えば外国人観光客は運賃がかからないという強みがある。

東武は「所要時間が短いというだけでは他社に置いていかれる」と危機感をあらわにする。近い将来、現在の通勤車両に加えて、川越アクセスの専用列車を投入する可能性はありえる話だ。

スカイツリー、日光、そして川越。そこを走る鉄道のテーマ性を磨くことは観光資源の強化にもつながる。観光と鉄道を今後どのように融合していくのか。それは観光立国を目指す日本の未来像でもある。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地盤沈下に抗う<br>国際金融都市・ロンドンの秘策

強気の姿勢を押し出すジョンソン氏が首相に就任し、「合意なきEU離脱」が現実に迫る金融街シティー。逆境下で推進するフィンテック、グリーンファイナンス、人民元ビジネスの戦略を現地ルポ。イングランド銀行副総裁のインタビューも。

  • 新刊
  • ランキング