東武が「水族館のアイドル」を乗車させたワケ

スカイツリー3周年で浮かび上がる課題

これが、開業から3年を経た2014年度の来場者数はスカイツリーが531万人、スカイツリータウンが3453万人へと後退。2015年度について、会社側はそれぞれ470万人、3200万人とさらに減少を見込んでいる。

「もともとスカイツリーの来場者は30年平均で年間270万人と想定していた」と東武鉄道の担当者は言う。つまり、減少傾向にあるとはいえ、現在の水準も十分に高いといえる。それでも、減少ペースを少しでもゆるやかにしたい。そこで、東武鉄道はさまざまな手段を講じている。

イベントにテーマ性を持たせる

画像を拡大
ペンギンたちには普段、すみだ水族館で会うことができる(撮影:尾形文繁)

主軸のスカイツリーについては、現在エレベーターを改修中だ。これまでは、強風時にエレベーターを動かせず、営業中止を余儀なくされる例が少なくなかった。

そこでエレベーターを引っ張るロープの強度を高めるなど強風でも揺れにくい構造にすることで、営業休止日数を減らそうとの狙いだ。訪問しても営業休止で上れないというリスクを嫌ってスケジュールに組み込まなかった修学旅行など、団体客の開拓につなげたいという。

スカイツリータウンについては、開業3周年イベントで来場者数増を促す。鉄道事業からも援護射撃をする。ペンギントレインはその一環だ。

すみだ水族館は、巨大なプール型水槽でペンギンの生態を観察できることを売り物としている。つまり、ペンギンはスカイツリータウンの重要な観光資源ともいえるのだ。

スカイツリー2周年のイベントは、とうきょうスカイツリー駅構内でのフォトスポットの設置というものだった。これに対し、今回はペンギントレイン。フォトスポットならスペースの設置くらいで済むが、ペンギントレインは準備も手間も大変だ。なぜそこまでこだわるのか。

「以前のイベントと違いがあるとすれば、イベントにテーマ性を持たせたことではないか」と、東武鉄道の担当者は言う。イベントの内容を今まで以上に考え抜き、手間もかけることで、効果を最大限に高める狙いがあるようだ。

次ページ「テーマ性」の事例は他にも…
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 離婚親の選択
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地盤沈下に抗う<br>国際金融都市・ロンドンの秘策

強気の姿勢を押し出すジョンソン氏が首相に就任し、「合意なきEU離脱」が現実に迫る金融街シティー。逆境下で推進するフィンテック、グリーンファイナンス、人民元ビジネスの戦略を現地ルポ。イングランド銀行副総裁のインタビューも。

  • 新刊
  • ランキング