東武が「水族館のアイドル」を乗車させたワケ

スカイツリー3周年で浮かび上がる課題

東武鉄道始まって以来の珍客は、よちよち歩きで車内を闊歩した(撮影:今井康一)

116年の歴史を持つ東武鉄道始まって以来の珍客が5月17日、北春日部駅から乗車した。4羽のマゼランペンギンだ。

この列車は、東京スカイツリー開業3周年を記念して運行された「ペンギントレイン」。北春日部―とうきょうスカイツリー間を走る列車内でペンギンの行進を楽しむというイベントだ。ペンギンたちは東京スカイツリータウン内にある「すみだ水族館」から特別に貸し出された。

思わぬ触れ合いに歓声が上がる

ホーム上での出発セレモニーに引き続き、ペンギントレインは1351人の応募者の中から抽選で選ばれた子供54人、保護者39人、計93人を乗せ、定刻通り12時10分に出発。その数分後、4羽のペンギンを抱えたスタッフが隣の車両から現れ、ペンギンを1羽ずつ車内の通路に放した。ロングシートに座っている参加者の足下を、ペンギンたちはよちよち歩きで行進した。

ペンギンパレードを実施している国内の水族館はいくつもあるが、通常はペンギンには近寄れず、行進の様子を見守るだけ。今回は狭い車内でのイベントということもあってか、ペンギンたちのほうから子供たちに寄ってきた。ペンギンが子供の足と座席の間をくぐり抜けるなど、思わぬコミュケーションが起きるたびに参加者の間で歓声が上がった。

パレードやペンギンとのふれあいはおよそ30分にわたって行われた。13時00分、ペンギントレインはとうきょうスカイツリー駅に到着。参加者たちは大満足の様子だった。

次ページペンギン列車が生まれた理由
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT