1位は利回り8%超! 米国株「高配当」ランキング50 上位には有名・大型株や67年連続増配銘柄も

✎ 1〜 ✎ 56 ✎ 57 ✎ 58 ✎ 59
拡大
縮小
フォード・モーターなど有名銘柄が上位に(写真:Brittany Greeson/The New York Times)

株式投資の醍醐味には、値上がり益に加え配当収入がある。年4回の配当や大規模な自己株買いなど、株主還元に積極的な米国株の中で、配当利回りが高い銘柄はどれか。

本日10月16日(月)発売の『米国会社四季報』2023年秋冬号では、アメリカの株式市場に上場する主要銘柄を配当利回りが高い順にランキングした。

配当利回りは1株当たり配当金(今期予想)を株価で割ったもの。例えば年間配当が50円で株価が1000円の場合、配当利回りは50円÷1000円×100=5%となる。ただし、株価が下がれば利回りは上がるため、銘柄選定時には業績悪化などで株価が急落していないかも注意したい。

算定の基となる株価は2023年9月1日の終値。対象は『米国会社四季報』2023年秋冬号の掲載銘柄で、予想EPS(希薄化後1株当たり利益)がマイナスのものなどは除いた。

大型銘柄が続々ランクイン

1位はたばこ大手のアルトリア・グループ(MO)で、利回りは8.71%と唯一の8%台だった。2023年春夏号に続きトップ。53年連続で増配している。同業種では、加熱式たばこ「アイコス」などを展開するフィリップ・モリス・インターナショナル(PM)も25位に入った。

2位は自動車大手のフォード・モーター(F)だ。利回りは7.63%だった。今期の純利益は黒字復帰が見込まれるものの、EV事業は先行投資があり赤字で、株価は伸び悩んでいる。

米国会社四季報 2023年秋冬号(週刊東洋経済臨時増刊)
『米国会社四季報 2023年秋冬号(週刊東洋経済臨時増刊)』(東洋経済新報社)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

3、4位は通信大手のAT&T(T)とベライゾン・コミュニケーションズ(VZ)で、両社とも7.5%台。前号ではAT&Tが11位、ベライゾンが6位となっており、ともに高配当利回りの代表格だ。足元の株価の低迷も、高い利回りの背景となっている。

金融銘柄も目立った。アメリカ南東部と中部大西洋岸が地盤のトゥルイスト・ファイナンシャル(9位、TFC)、全米中堅のシチズンズ・ファイナンシャル・グループ(14位、CFG)、同じく中堅のコメリカ(15位、CMA)、中西部・西部で展開しているUSバンコープ(26位、USB)、資産規模でアメリカ3位のシティグループ(37位、C)などだ。

ほかにもカジュアル衣料のギャップ(31位、GPS)やハンバーガーのウェンディーズ(35位、WEN)、加工食品・飲料大手のクラフト・ハインツ(43位、KHC)など、日本でも身近な銘柄がランクインしている。

次ページ60年以上の連続増配も
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT