3年で株価33倍も、米国株「株価上昇率」ランキング AIの覇者エヌビディアに続く高成長企業は?

✎ 1〜 ✎ 56 ✎ 57 ✎ 58 ✎ 59
拡大
縮小

エヌビディアを率いるジェンスン・フアンCEO。生成AIブームを追い風に同社の株価はこの1年で3.6倍に上昇(写真:ブルームバーグ)

世界を席巻するGAFAM(グーグル親会社のアルファベット<GOOGL>、アップル<AAPL>、メタ・プラットフォームズ<META>、アマゾン・ドットコム<AMZN>、マイクロソフト<MSFT>)が上場するアメリカ市場。生成AI(人工知能)の拡大とともに業績を伸ばす半導体大手エヌビディア(NVDA)や、EV(電気自動車)世界最大手のテスラ(TSLA)の2社を加えた7銘柄「マグニフィセント・セブン」という言葉が生まれるなど、超大型銘柄が株価を競い合っている。

そんなアメリカ市場で株価が上昇した銘柄はどれか。

4月22日(月)発売の『米国会社四季報』2024年春夏号では、アメリカの株式市場に上場する主要銘柄について、株価上昇率が高い順にランキングした。算定の基となる株価は2024年3月8日の終値。対象は『米国会社四季報』2024年春夏号の掲載銘柄だ。

新興・大型銘柄が続々

まず過去1年の上昇率を見てみよう。

米国会社四季報 2024年春夏号
『米国会社四季報 2024年春夏号』(東洋経済新報社)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします

1位はサーバーシステムの大手サプライヤー、スーパー・マイクロ・コンピューター(SMCI)。

カリフォルニアに本社を置くSMCIは、エヌビディアやアドバンスト・マイクロ・デバイセズ(AMD)、インテル(INTC)などからCPU(中央演算処理装置)やGPU(画像処理装置)などを仕入れ、データセンターや高性能コンピューター向けのサーバーとして提供。設置や保守・運用サポートも展開する。エヌビディアとともに注目が集まり、AI関連銘柄の一角として注目を浴びている。

業績も好調だ。2023年6月通期の売上高71億2300万ドル、純利益6億3900万ドルだったが、2024年6月期には売上高146億6000万ドル、純利益13億2600万ドルを見込む。来期以降も業績は拡大する見通し。

その結果、株価は1年で11倍に上昇。たった1年でテンバガー(株価10倍)を達成した。2024年3月からはアメリカを代表する株価指標「S&P500指数」の採用銘柄にもなっている。

次ページ「1年前比」での株価ランキングの結果は?
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT