EUがロシアの「弱い者イジメ」を非難

ラトビアで旧ソ連6カ国と首脳会議

 5月21日、欧州連合(EU)は、ラトビアの首都リガでウクライナを含む旧ソ連6カ国と東方パートナーシップ首脳会議を開いた。写真左はEUのトゥスク大統領、右はラトビアのベルジンシ大統領(2015年 ロイター/Ints Kalnins)

[リガ 21日 ロイター] - 欧州連合(EU)は21日、ラトビアの首都リガでウクライナを含む旧ソ連6カ国と東方パートナーシップ首脳会議を開き、前回会議以降この1年半におけるロシアの「弱い者いじめ」を非難した。

首脳会議の議長を務めるEUのトゥスク大統領は「EUは昨年の(ロシアによる)脅しや侵略、さらには戦争にもかかわらず、これまでの姿勢を堅持する」と表明。EUが旧ソ連諸国を引き込もうとしているとのロシア側の懸念を否定する一方、同盟国としての魅力のなさを埋め合わせるために旧ソ連諸国を「いじめている」としてロシアを批判した。

EUと旧ソ連6カ国は、22日に向けて共同声明の作成を進めている。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナウイルスの恐怖
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 財新
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。