EUがロシアの「弱い者イジメ」を非難

ラトビアで旧ソ連6カ国と首脳会議

 5月21日、欧州連合(EU)は、ラトビアの首都リガでウクライナを含む旧ソ連6カ国と東方パートナーシップ首脳会議を開いた。写真左はEUのトゥスク大統領、右はラトビアのベルジンシ大統領(2015年 ロイター/Ints Kalnins)

[リガ 21日 ロイター] - 欧州連合(EU)は21日、ラトビアの首都リガでウクライナを含む旧ソ連6カ国と東方パートナーシップ首脳会議を開き、前回会議以降この1年半におけるロシアの「弱い者いじめ」を非難した。

首脳会議の議長を務めるEUのトゥスク大統領は「EUは昨年の(ロシアによる)脅しや侵略、さらには戦争にもかかわらず、これまでの姿勢を堅持する」と表明。EUが旧ソ連諸国を引き込もうとしているとのロシア側の懸念を否定する一方、同盟国としての魅力のなさを埋め合わせるために旧ソ連諸国を「いじめている」としてロシアを批判した。

EUと旧ソ連6カ国は、22日に向けて共同声明の作成を進めている。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大論争! 財政再建か財政拡張か<br>消費増税延期論やMMT台頭も

株価急落と国内景気の減速で、消費増税の延期論が勃発した。根強く残る財政拡張派の主張は正しいのか。世界的な低金利の継続で台頭したMMT(現代貨幣理論)を含め、争点を検証する。小峰隆夫氏ら4人のエコノミストによる座談会も収録。