有料会員限定

アップル新端末で脚光、ソニー超微細OLEDの秘密 CMOSセンサーの製造技術を活用し、24年に量産

✎ 1〜 ✎ 12 ✎ 13 ✎ 14 ✎ 最新
拡大
縮小

アップルが発表したAR端末、「Apple Vision Pro」。その登場で脚光を浴びているのが、ソニーの「マイクロOLED」と呼ばれる超微細ディスプレーだ。

米アップル新型端末とソニーの最新マイクロOLED
2024年に発売予定の米アップル新型端末(左)とソニーの最新マイクロOLED(右)(写真:JIM WILSON/The New York Times)

特集「半導体 止まらぬ熱狂」の他の記事を読む

昨年来悪化していた半導体市況は早くも底打ちした。今、世界規模で起きているのが、官民入り乱れた半導体工場の投資合戦だ。『週刊東洋経済』の10月2日発売号(10月7日号)の特集は「半導体 止まらぬ熱狂」。熱狂する半導体業界を取材した。日本でも、この局面を最大のチャンスと捉え、矢継ぎ早に戦略が打ち出されている。戦略物資と化した半導体の今に迫った。
『週刊東洋経済』2023年10月2日発売号は、「半導体 止まらぬ熱狂」と特集。書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします

ソニーグループが長年培ってきた画像センサーの製造技術が、意外な分野で花開いた。

VR(仮想現実)やAR(拡張現実)向けの超高精細ディスプレー、マイクロOLED(有機EL)だ。

VRやAR向けのゴーグルには、映像を表示するためのディスプレーが組み込まれている。ゴーグルを着けると、レンズを挟んで、目から3〜4センチメートルの位置に画面がくる。目から至近距離にあり、レンズで拡大されるため、実際の画面の大きさは数センチでも巨大な画面が目の前に広がっているように見える。

ゴーグル用のディスプレーには大きく分けて2種類ある。現在の主流は、ガラス基板の液晶だ。テレビなどに使われている液晶技術が進化したことで、従来よりも狭い範囲にたくさんの画素を詰め込めるようになった。

米アップルがマイクロOLEDを搭載

次ページ供給できるメーカーは世界でソニーしかない
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
半導体 止まらぬ熱狂
半導体不足は終わったの?ムーアの法則って?
材料、装置で日本企業が「独壇場」の工程も
8社への出資交渉は自ら、EUV立ち上げも最速で
"戦略物資"半導体を巡る日本の立ち回り方とは
アドバンテスト社長が語る半導体市況の展望
レーザーテックの岡林理社長が語る成長戦略
萩生田光一政調会長が語る半導体戦略と経産省
勝ち筋を検証、時間的な猶予はあと10年もない
株価はIntelの約7倍、半導体業界のトップに
勝ち馬・米MSは3カ月で1.5兆円の設備投資
量産開始は27年頭、遅れは集客に響きかねない
すでに第3工場の交渉も、どんな需要を見込める?
CMOSセンサーの製造技術を活用し、24年に量産
突っ走る欧米勢、猛追する中国勢に挟まれ・・・
日本の虎の子「半導体材料」業界に広がる波紋
成熟した技術だが、次世代パワー半導体に強み
GPUよりAIに特化の半導体、SiC、GaNの「次」まで
ドキュメント「経産官僚たちの半導体戦争」
米マイクロンは後工程の工場建設を計画中
甘い条件で呼び寄せて、「お払い箱」に!?
紛争6年、中国の打てる手は少なくなっている
最高益でも割安、四季報が強気、高配当・・・
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料法人プランのご案内