発売2日で600万人、ゲーム「Starfield」何が凄い? 広大すぎる宇宙が舞台のオープンワールドRPG

拡大
縮小
Starfield
発売直後から人気を集めている『Starfield』の魅力とは(画像は『Starfield』公式サイトより)

ベセスダの最新タイトル

2023年9月6日に発売されたオープンワールドRPG『Starfield(スターフィールド)』が大きな話題になっている。

本作は、「The Elder Scrolls」シリーズや「Fallout」シリーズを手がけているBethesda Game Studios(ベセスダ)の最新タイトル。東洋経済オンラインでも過去作(『「発売から11年経っても超人気」ゲームの驚く中身』参照)を取り上げたが、この作品を手がけた会社の新作となる。

『スターフィールド』は、発売翌日には同時接続プレーヤー数(同じ時間に遊んでいる人数)が100万人を突破、発売2日後には累計プレーヤー数が600万を超えており、非常に多くの人がプレーしている作品である。

なぜここまで注目が集まっているのかといえば、あまりにも広大で膨大なゲームだからだ。

次ページ舞台は2330年
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT