不穏だったジャニーズ会見「6つの違和感」の正体 合計4時間超…透けて見えた「甘さ」と今後への不安

拡大
縮小
違和感を感じた人も多かったジャニーズ事務所の記者会見。いったいその正体とは?(写真:東洋経済オンライン編集部)

9月7日14時、ジャニー喜多川氏の性加害問題をめぐってジャニーズ事務所が会見を開きました。

会見で明らかになったのは、主に「性加害を認める」「被害者への補償・救済の徹底」「社長は藤島ジュリー景子から東山紀之に交代」「ジャニーズという社名の変更はなし」という点。いずれも今回の焦点であり、4時間を超える長丁場だったこともあって、会社としてのスタンスが見えてきました。

しかし、会見の内容について被害者の中に「一定の評価をしながらも不満を漏らす人が多かった」ことも事実。会見は終始、どこかモヤモヤとした異様なムードに包まれ、ネット上に批判的な声があふれました。いったいなぜなのか。その理由は単に「ジャニーズ事務所サイドが不誠実だから」というより、「6つの甘さ」によるものだったと筆者は考えました。さらに、会見そのものへの違和感が拭えなかった確固たる理由があったのです。

「噂」レベルにとどめた東山・井ノ原発言への失望

甘さを感じさせた1つ目の理由は、登壇した東山社長と井ノ原快彦さんが性加害を「噂」にとどめたこと

東山社長は「噂としては聞いておりました。私自身は被害を受けず、立ち会ったこともなく、自ら行動をするということをできずにいました」と語り、有罪判決が出たときですらジャニー喜多川氏を信じていたことを明かしました。

一方、井ノ原さんも「入ったときはすでにその本(暴露本)が出ていまして、噂はしていましたね。『そうなったらどうしよう』という話もしていました」「僕らの関心事というのはそれをいったん置いて『まずはもっと踊りがうまくなりたい』とか『デビューしたい』とかが強かったと思います」などとコメント。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT