6つのルールで「恥ずかしがり」は克服できる

セレブパーティで身をもって効果を体験

 いかがだろうか。7つの質問の答えの数字を足し算してみよう。7-11の場合はあまり「恥ずかしがりや」ではない。12-16は中度の「恥ずかしがりや」、17-21の場合は「かなりの恥ずかしがりや」ということだそうだ。

アジア人はシャイ!?

同Instituteの調査によれば、「自分はシャイ」と答えたのは、米国人が約43%だったのに対し、アジア人は60%にも上ったという。バーナード・カルドゥッチ教授は「アジアでは社会的規範が強く、個人が自らの言動を気遣う意識が高い。強い自意識が『恥ずかしい』という気持ちの源になることから考えても、説明がつきやすい」と分析する。

そんな「恥ずかしがりや」アジア人の例に漏れず、「人からどう見られているのか」を気にしすぎて、見知らぬ人となかなか打ち解けられなかった筆者。最強のネットワーカー、ジョン・レビーさんのありがたい講義を受け、「秘密のセレブパーティ」に足を踏み入れた。

 

前回の復習になるが、レビーさんの黄金則は

①誰もが、話しかけてもらいたがっていると思い込め、
②会話の鏡を割れ(質問に単純に答えるだけではなく、相手の興味を引きそうな話題を盛り込んで、会話を続ける)、
③失敗に慣れる

の3つだった。これらに加えて、いろいろ文献を読み漁った結果、追加して3つの新たな「黄金則」も試してみることにした。

④目標を設定する(今回は「10人とお話しする」にした)
⑤相手に興味を持ってもらえるネタ、自己紹介文を用意する
⑥自分がぺらぺらしゃべることに集中するのではなく、なるべく聞く側に回る

 

この6つのルールを頭に叩き込み、乗り込んだ先は、マンハッタンのアッパーウェストと呼ばれる高級住宅街にあるレビーさんのご自宅。6つのベッドルームがある広大なマンションには、パーティ開始の午後9時から約30分ほど過ぎた時点で、すでに50人ほどが集まっていた。

次ページさっそくルールを実践!すると……
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。