「レヴォーグ派生」の新たなSUVが作られた意味 「極めてしなやか」に走るレイバックの価値

✎ 1〜 ✎ 7 ✎ 8 ✎ 9 ✎ 最新
拡大
縮小
レヴォーグをベースにしながらも、新感覚SUVとして登場したレヴォーグ レイバック(筆者撮影)
レヴォーグをベースにしながらも、新感覚SUVとして登場したレヴォーグ レイバック(筆者撮影)

これまでのスバルにはない、独自の世界観の創出――。

スバル商品企画本部プロジェクトゼネラルマネージャー(PGM)の小林正明氏は、新型「レヴォーグ レイバック」の開発の狙いを、そう語る。

その世界観とは、具体的にどのようなものなのか。新潟県の佐渡市でスバルが実施した報道陣向け試乗会に参加して、スバル関係者と意見交換をした。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

まずは午前中、「クロストレック」で佐渡金山やトキの森公園などを巡り、改めてスバル車の走りの愉しさを味わう。筆者の身体の中に、スバル車の走りの基準ができたように感じた。

午後は試乗の舞台を標高900m前後の一般県道、白雲台乙和池相川線(通称:大佐渡スカイライン)へ。一部を一定時間、通行止めにしての公道試乗会である。

スバルが今回用意したレヴォーグ レイバックは発売前のプロトタイプだが、量産車とほぼ同じ出来栄えだ。まずは、見た目の第一印象から話を始める。

この記事の画像を見る(8枚)

「凛」と「包」と表現するデザイン

モデル名称が示すようと、レヴォーグの仲間であることははっきりわかる。特にリアビューは、レヴォーグを強く感じる。

サイドビューでは、最低地上高がレヴォーグの145mmから200mmへと上がっていることで、クルマ全体の印象が違う。さらにフロントに視線を移すと、スバルがいう「凛」と「包」というデザイン表現が理解できた。

今回、筆者は新潟県佐渡島で行われた試乗会で実車に乗った(筆者撮影)
今回、筆者は新潟県佐渡島で行われた試乗会で実車に乗った(筆者撮影)

寸法は、全長4770mm×全幅1820mm×全高1570mm。レヴォークと比較すると、それぞれ、15mm、25mm、70mm増。ホイールベースは2670mmで、レヴォーグと同じだ。トレッドは前1560mm、後1570mmで、それぞれレヴォーグより10mmと25mm広い。

一方、クロストレックと比較すると全長は290mmも長く、全幅は20mm広く、全高は5mm低い。ホイールベース、前後トレッドは同値。最低地上高はレヴォーグの145mmに対して、レヴォーグ レイバックとクロストレックはともに200mmとなっている。

手前がレヴォーグ、奥がレヴォーグ レイバック。リフトアップされた車高がわかる(筆者撮影)
手前がレヴォーグ、奥がレヴォーグ レイバック。リフトアップされた車高がわかる(筆者撮影)

こうした寸法から、レヴォーグ レイバッグの商品としてのポジショニングがイメージできるだろう。

つまり、アウトドア向け商品群であるフォレスター、アウトバック、クロストレックとも、またステーションワゴン(ツーリングワゴン)であるレヴォーグとも重らない、新しいユーザー向けのスバル車という建てつけだ。

次ページスバル史上、最も「スマートな走り」を体感
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT