マツダ「MX-30」でロータリーを復活させた必然性 きたるべきBEV時代のマルチソリューション

✎ 1〜 ✎ 8 ✎ 9 ✎ 10 ✎ 最新
拡大
縮小
9月14日に発表されたMX-30 Rotary-EV(筆者撮影)
9月14日に発表されたMX-30 Rotary-EV(筆者撮影)

ついに、マツダのロータリーエンジンが復活した。ロータリーエンジンを搭載したのは、クロスオーバーSUVの「MX-30」だ。

2020年から日本国内で約4万3000台が生産され、ヨーロッパ、オーストラリア、アメリカ等に向けて輸出されてきた。

これまでBEV(電気自動車)とMHEV(マイルドハイブリッド車)がラインナップされており、3万台弱がBEVで、そのほとんどがヨーロッパ向け。残り1万台強となるMHEVは、日本での販売が中心となっている。

ここに今回、新規開発したロータリーエンジン「8C」を発電機として使うシリーズハイブリッド、かつ外部充電および外部への給電が可能なPHEV(プラグインハイブリッド車)が登場した。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

モデル名称は、日本では「MX-30 Rotary-EV」、ヨーロッパ向け等では「MX-30 e-SKYACTIV R-EV」となる。日本では、ロータリー復活への期待が高まっていることもあり、営業戦略上「Rotary」の名称を使う。

では、このタイミングでMX-30 Rotary-EVを導入する意義は何であろうか。マツダの本拠地である広島で、マツダ本社工場取材を含めて、各部門のマツダ関係者から詳しく話を聞いた。

この記事の画像を見る(14枚)

キーワードは「マルチソリューション」

マツダの技術開発を統括する専務執行役員・チーフテクニカルオフィサー(CTO)の廣瀬一郎氏は、「ロータリーエンジンは、マツダの歴史そのもの」としたうえで、「2020年代から2030年代にかけての自動車市場変動期における、マツダのマルチソリューションの象徴的な存在」と表現した。

マツダの広島本社で見た8Cロータリーエンジンの展示(筆者撮影)
MX-30 Rotary-EV 取材会場で見た8Cロータリーエンジンの展示(筆者撮影)

マツダは2022年11月22日、「中期経営計画のアップデートおよび2030年の経営方針」を公表している。その中で、電動化戦略については、2030年までを3つのフェーズにわけた。

フェーズ1(2022~2024年)は、電動化に向けた開発強化。すでに投資した、FF(前輪駆動車)によるスモール商品群と、FR(後輪駆動車)のラージ商品群を指す。ここに、MX-30や発電機として使うロータリーエンジンである8Cが含まれる。

次ページ2030年のBEV率を「25~40%」と幅広く想定
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT