東芝の米国案件が頓挫、崩れゆく原発輸出ビジネス

東芝の米国案件が頓挫、崩れゆく原発輸出ビジネス

「日本の原発事故で状況が一変した」(米NRGエナジー、デイビッド・クレインCEO)。4月半ば、東芝が参画していた米国の原子力発電所計画が頓挫した。東芝と手を組んで原発の増設を計画していた電力大手のNRGエナジーが、投資を打ち切ると発表したのだ。

その案件はサウステキサスプロジェクト(STP)原発の3号機と4号機。東芝にとっては初の海外受注で、建設費用は100億ドル(約8200億円)。2016~17年に運転を開始する計画だった。

3月半ば、NRGは東京電力福島原発の事故を受けて米原子力規制委員会(NRC)が安全基準見直しに動いていることなどを理由に、許認可手続きを除くすべての作業を中断。事態はその後さらに深刻化し、投資を打ち切らざるをえなくなった。

クレインCEOは、計画が完全になくなったわけではないとしながらも、「株主に対して、これ以上の投資を正当化することはできなくなった」とコメント。NRGは、STP原発の3号機・4号機に関する資産を減損し、2011年1~3月期決算で4・81億ドル(約400億円)の特別損失を計上する。

STP原発は、東芝との合弁企業(当初の出資比率はNRG88%、東芝12%)が開発を担当している。今回減損の対象となった4・81億ドルの資産のうち、1・5億ドル(約120億円)は東芝の持ち分。「新たな提携先と交渉中で、減損の必要はない」(同社)とするが、財務的な影響へ発展する可能性もある。

東芝は06年に米国の原子炉メーカー、ウエスチングハウス(WH)を約54億ドル(約6200億円=当時)で買収。日本の原子炉メーカー3社(東芝、日立製作所、三菱重工業)の中でも、特に原子力事業への傾斜を強めてきたが、戦略の抜本的な見直しは避けて通れないだろう。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • トランプ派メディアの実態
  • 中原圭介の未来予想図
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。