スズキ会長「私が辞めるわけにもいかない」

85歳の鈴木修会長が後継問題に言及

「万年2位ではいけない。トップをとりにいこうじゃないかと」(鈴木会長)

注目された前2015年3月期の決算は、3期連続の増収で、2009年3月期以来の売上高3兆円に到達したものの、6期ぶりの減益決算となった。

四輪車の販売台数は前々期比5.8%増となる286.7万台。国内は「ハスラー」が牽引し、3.8%増の75.6万台だった。海外でも主力のインドが同11.1%増の117.1万台と大きく伸び、タイやインドネシアの不振をカバーした。

一方、営業利益は、同4.4%減の1794億円にとどまった。ダイハツとの熾烈な販売競争による営業費用増や、約200万台に及ぶリコール関連費用などで、国内事業の営業利益が438億円も減少。インドを中心に海外の利益は増えたが補えなかった。

「常に増収増益は考えられない」

「商売ですから、売上高を増やすことと、利益を増やすことの二兎を追う。そのバランスをどうするかでございます。リーマンショック前に、3兆5000億円(の売上高)をやった時は、1年に3000億円、4000億円伸びた。これは急成長し過ぎ、と思っていたところに、リーマンショックで反動減が来た。竹の節と同じで、1000億円くらいで、次に伸ばしていくことが大事。増収減益になりましたけど、常に増収増益ということは考えられませんし、そうはいっても減収増益は考えにくい。バランスよくいくことが重要だ」。

近年では「シェアでメシは食えない」(鈴木会長)と、シェアより収益を重視する姿勢を示していたが、14年暦年(2014年1月~12月)では、8年ぶりに軽自動車でシェアトップの座を、ダイハツ工業から奪回した。

「ここ8年くらい、トップ争いから脱落しておった。万年2位ではいけない。1位を忘れてしまったのではと思っていた。その中でハスラーが大変な人気をいただいたこともございまして、8月ころからトップとりにいこうじゃないか、と」。

次ページ「後悔ばっかり先に立つ」
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT