スズキ会長「私が辞めるわけにもいかない」

85歳の鈴木修会長が後継問題に言及

スズキは今期、2期振りの最高益更新めざす

2009年に資本提携したVWとの関係はどうか。対等を求めるスズキと、支配力を強めたいVWの方針がかみ合わず、現在はスズキ株の20%弱を保有するVWに対し、スズキが資本・業務提携の解消を求め、国際仲裁裁判所で係争中だ。VWのアニュアルレポートでは、2015年前半に結論が出るとの記載があった。

「VWの問題は、欧州のことでいろいろ聞こえて参りますが、私どもは仲裁を訴え、訴訟を起こした立場でございますから、静かに判決を待つ、と言うこと以外はございません。また情報もございませんので、それが回答になるかならんか知らんけど、ご理解を」。

会見では最初から最後まで、常に全開だった鈴木会長。やはりどこまでいっても、鈴木会長あってのスズキ、なのか。

                       (撮影:今井康一)

 

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT