スズキ会長「私が辞めるわけにもいかない」

85歳の鈴木修会長が後継問題に言及

ただ、2014年度(2014年4月~2015年3月)ではダイハツが首位を守り、スズキは9年度連続の2位に甘んじた。

 「1~12月(暦年)でがんばったけど、4~3月(年度)は負けたじゃないか、というお話もある。が、内輪の話をすると、どうしても今期は3兆円の売上高を達成したいと考えて、計画を立てておりました。だいたい1月ころに3兆円のメドが立ちましたから、あまり無理をしないということで、やりました」。

結果的に暦年シェアトップの代償として、収益が一定程度犠牲になったことは否めない。

「後悔なし、と申し上げたいところですが、後悔ばっかり先に立つ。満足だなと思ったら、絶対ダメですよね。だから、後悔多しというところでございます」。

攻めて攻めて攻めまくる

会見後のブラ下がりも相変わらず盛況だった

気になる今2016年3月期は、売上高3兆1000億円(前期比2.8%増)、営業利益1900億円(同5.9%増)、純益1100 億円(同13.6%増)と、増収増益で、2期振りの最高益更新を見込む。国内販売は前期比14.7%減となるが、インドを中心に二ケタ成長する、海外で稼ぐシナリオを描く。もっとも、逆風下にある国内でも、むざむざと大幅マイナスを受け入れるつもりはなさそうだ。

「今までの経験からすると、攻めを怠ってはダメだということを、つくづく感じましたね。攻めて攻めて攻めまくるということをやらないと、やっぱりダラダラしちゃう。攻めを忘れちゃいけない」。

攻め続けるということは、今後もシェアトップを狙うのか。

「それは戦う相手の力もありますから。勝ったり負けたり。負けたり負けたり」。

次ページ対VWでは静かに判決を待つ身
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT