任天堂の今期は「3DS」がいったん失速するが大型ソフトで巻き返し。Wii後継機を来期投入

任天堂の今期は「3DS」がいったん失速するが大型ソフトで巻き返し。Wii後継機を来期投入

任天堂の今2012年3月期の業績は、前期比で強含み程度となりそうだ。会社側は25日、前11年3月期決算を発表し、今期の通期計画を売上高1兆1000億円(前期比8.4%増)、営業利益1750億円(同2.3%増)と発表した。「東洋経済オンライン」は、決算会見と翌26日の決算説明会における会社側説明を点を妥当と判断し、今期予想を会社計画に合わせる。

なお、同時に発表された据え置き型ゲーム機「Wii」の後継機は、後述のとおり来13年3月期の投入となることから、今期の予想数字には織り込んでいない。また、発売時期や仕様などの詳細が明かになっていないことから、来期についても暫定的な予想とする。

前期の実績は、売上高1兆143億円、営業利益1710億円だった。主力であるWiiや「ニンテンドーDS」は、ハードとソフトともに、売り上げが減少した。「お客様がぜひ買いたいと思うようなソフトが少なかった」と岩田聡社長は振り返る。円高が860億円の減収要因となったほか、ハードの値下げも影響した。

一方で、国内では2月末、欧米では3月末に、携帯型ゲーム機の新製品「ニンテンドー3DS」を発売した。計画では、前期中に400万台を出荷予定だったが、結果的には3月末までの3DSは360万台の出荷にとどまった。

3DSの出足が伸び悩んだのは、主に国内市場においてである。3月11日に発生した東日本大震災後、消費マインドが冷え込み、任天堂もテレビCMなどの一切の宣伝を自粛した。これにより、「新製品を買ってみよう」と考える、カジュアルユーザーへの訴求が不足した。ただ、欧米でも予約販売は絶好調だったものの、2週目以降は減速している。「普及シナリオを見直さなければならない」と岩田社長は分析する。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT