任天堂の今期は「3DS」がいったん失速するが大型ソフトで巻き返し。Wii後継機を来期投入


 今期の3DSの販売計画は、1600万台だ。3DSの潜在需要は高いものの、消費者に購入を決断させるきっかけが現時点では不足している。5月には、震災で発売が延期されていた「スティールダイバー」、6月には「ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D」などを自社ソフトとして発売予定。サードパーティー(他のゲームソフト会社)からも、大型タイトルの投入が予定されている。また、現時点では明らかにしていないが、「どうぶつの森」「スーパーマリオ」「マリオカート」など、ヒットが期待される定番タイトルも、サードパーティーのタイトルとの食い合いを避けながら、今期中に投入される可能性が高い。

なお、前期から苦戦しているWiiの後継機が投入されることが明らかとなった。発売は、来年4月以降。仕様などの詳細は、今年6月上旬に米国で開催されるゲーム見本市「E3」にて、体験できる状態で発表される予定だ。「Wiiの課題をただ埋めていくだけではだめ。いかにお客様を驚かせられるか」(岩田社長)を主眼としているもようだ。

「東洋経済オンライン」は、6月のE3でのWii後継機の発表後、来期の業績予想を見直す可能性がある。

(前野 裕香 =東洋経済オンライン)


《東洋経済・最新業績予想》
(百万円)    売 上  営業利益 経常利益  当期利益
連本2011.03  1,014,345 171,076 128,101 77,621
連本2012.03予 1,100,000 175,000 185,000 110,000
連本2013.03予 1,150,000 190,000 190,000 113,000
連中2010.09  363,160 54,232 -4,152 -2,011
連中2011.09予 360,000 20,000 30,000 18,000
-----------------------------------------------------------
         1株益¥ 1株配¥
連本2011.03  607.0 450 
連本2012.03予 860.2 460 
連本2013.03予 883.6 460-500 
連中2010.09  -15.7 140 
連中2011.09予 140.8 60 
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 住みよさランキング
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。