「ビームス」創業から47年"らしさ"継承への難題 設楽洋社長は「3年後75歳」で会社を譲ることを決断

✎ 1〜 ✎ 11 ✎ 12 ✎ 13 ✎ 最新
拡大
縮小
創業から47年、ビームス「らしさ」の秘密とは(撮影:尾形文繁)
この記事の画像を見る(6枚)
企業を取り巻く環境が激変する中、経営の大きなよりどころとなるのが、その企業の個性や独自性といった、いわゆる「らしさ」です。ただ、その企業の「らしさ」は感覚的に養われていることが多く、実は社員でも言葉にして説明するのが難しいケースがあります。
いったい「らしさ」とは何なのか、それをどうやって担保しているのか。ブランドビジネスに精通するジャーナリストの川島蓉子さんが迫る連載の第12回は、アパレルブランド「ビームス」に迫ります。
著者フォローをすると、川島さんの新しい記事が公開されたときにお知らせメールが届きます。

ビームスらしさとは

ビームスが世に生まれ出たのは1976年のこと、原宿の明治通りに面した6.5坪の小さな店がスタートだった。「アメリカンライフショップビームス」という名で、服だけでなく、アメリカのライフスタイルを紹介したショップだったのだ。

それから50年弱。ビームスは大きな成長を遂げたが、その軌跡は、戦後から高度経済成長期、バブル景気とその崩壊、リーマンショック、その後のインバウンド景気、コロナ禍などを経てきたアパレル業界の趨勢と重なっている。

ビームスが手がけている領域は、アパレルに限らない。エンターテインメント関連の事業や、地域の活性化プロジェクトなど、ユニークな活動を展開している。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT