勉強オンチの彼が「全国4位に」勉強以前の一工夫 効果10倍「自分に合った勉強のしかた」の探し方

拡大
縮小

なぜ、このような逆転合格が可能なのか? それは、勉強「以前」に、ある工夫をしていたからです。その工夫こそ、自分に合った勉強法、努力の仕方を、オーダーメイドでつくるということにほかなりません。

勉強がそもそも嫌いな人は、無理に勉強を好きになる必要はありません。嫌いなら、嫌いなりの努力の仕方があります。

時間のない人は、無理に時間を捻出する必要はありません。時間のない人なりの努力の仕方があります。

勉強法が先にあって、その勉強法に合わせて自分を変える必要は、ありません。

自分が先にあって、自分に合わせた勉強法をオーダーメイドでつくっていくほうが、圧倒的に効果があるのです。

どんな人でも、勉強「以前」の準備で努力の仕方を変えることによって、結果を出すことができるようになるのです。

勉強嫌いでも、時間がなくても、忘れっぽい人でも、飽きっぽい人でも、どんな人でも自分にマッチした勉強法が見つかる――そんな「準備」をしている人としていない人では、結果に大きな差が生まれるのは必然なのです。

「頑張ってもなかなか結果につながらない」人が陥る罠

さて、そもそも、なぜ多くの人は「自分に合った努力」ができないのでしょうか? そのいちばんの原因は、「自分のことをよく理解できていないから」です。

多くの人は、自分は何が得意で、何が苦手で、どんなふうに努力すれば結果が出て、どんなふうに時間をかけるとうまくいかないのか、そういうことがわかっていません。だから、「努力しても結果の出ない、ムダな努力」をしてしまっているのです。

次ページ「自分に合った努力のしかた」を探す方法
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT