「社会のために働きたい人」はなぜ増えたのか?

藤沢烈と駒崎弘樹、「企業×復興」を語る<1>

駒崎それでNPOを始めようと決めて、社会起業を目指す人たちのコミュニティの門をたたいたのですが、そのときたまたま相談に乗ってくれたのが烈さんだった。そこからの付き合いですね。

藤沢僕は最初「フローレンス」というかわいらしい名前の団体が病児保育事業をやると聞いて、女性の方が代表なのかな、と勝手に思っていたんですよ。そうしたら駒崎さんが出てきたので、「“フローレンス”っていう名前は、どうなのかな?」みたいなことを言っちゃった記憶があります(笑)。

駒崎そういった意味では、いけすかないファーストコンタクトでしたね。

(会場笑)

藤沢そうですね(笑)。もう10年以上前の出来事です。

駒崎氏の本が「社会起業家」を認知させた

藤沢駒崎さんは2007年に『「社会を変える」を仕事にする ――社会起業家という生き方』(英治出版)という本を出しましたね。

駒崎はい。この本が“社会起業家”という語を広め、関心を高めたところはあると思います。2015年現在は「ソーシャルな形で働こう」という新しい流れができていますけれど、10年前は全然違いましたから。

立ち上げ期(2003~2006年ごろ)は“野武士”みたいな人がいっぱい集まって、それはそれで楽しかったんですけれど、まだまだワケがわからなかった。

藤沢 烈(ふじさわ れつ)●一般社団法人RCF復興支援チーム代表理事。1975年生まれ。一橋大学卒業後、マッキンゼー&カンパニーを経て独立。NPOや社会事業に特化したコンサルティング会社を経営。東日本大震災後、RCF復興支援チームを設立し、情報分析や事業創造に取り組む。文部科学省・教育復興支援員も兼務。共著に『ニッポンのジレンマ ぼくらの日本改造論』(朝日新聞出版)などがある。

藤沢僕が“社会起業家”というコンセプトを知ったのは2001年でした。ちょうどマッキンゼー&カンパニー(米国系のコンサルティング会社)に入社内定した頃で、ここは当時、イギリスや米国の社会起業の立ち上げ支援をずいぶんやっていたのです。それで内定者同士で「日本支社でも“社会起業家”やNPOに関する研究会のようなものをやろう」と話して、実際に会を立ち上げたんですね。

でもそれからしばらく、“社会起業家”はマイナーなものでした。2007年に駒崎さんの本が出たのがきっかけで、流れが変わりましたね。

駒崎そう言っていただいて、ありがとうございます。僕自身もその頃から、みんなが“社会起業家”と呼んでくれるようになって、ようやく市民権を得た感じがありました(笑)。

10年前と比べたら、今はすごく事業をしやすくなりましたね。クラウドファンディングや企業の助成プログラムができて、そこそこ事業も立ち上げやすくなっていますし。

藤沢私は震災復興からなので、2011年の後に団体(RCF)を立ち上げているのですけれど、その恩恵は感じます。

次ページNPOに優秀な人が集まるように
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 離婚親の選択
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
親子で話し合う<br>相続・終活・お墓

親子の3大難題を解決に導く決定版。相続で「もめない」23の鉄則、子や孫が助かる「生前贈与」のフル活用法、財前直見さんが勧める「ありがとうファイル」の作り方、「免許返納」で親を説得するポイントなど最新情報を満載。

  • 新刊
  • ランキング