国会議員の仕事 職業としての政治 林芳正、津村啓介著

国会議員の仕事 職業としての政治 林芳正、津村啓介著

二人の現役国会議員が、議員になるまでの過程をはじめ、国会での仕事、国会議員の収入と支出、選挙運動のあり方などを明らかした。

一方は、自民党の参議院議員で2世議員。一方は、民主党の衆議院議員である。地盤、看板、カバンのいわゆる「3バン」がある前者と、何のつてもない後者が国会議員になるために必要なものとは何なのか。また、二人の違いが如実に反映されることになったのが、2009年の政権交代だ。ここで二人の立場は逆転。与野党のポジションが入れ替わったことで、仕事の内容や質に変化が起こる模様は実に劇的である。

現代日本をめぐる状況や、国会議員の資質についての二人の対談も収録されている。

中公新書 861円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 僕/私たちの婚活は今日も終わらない
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。