国会議員の仕事 職業としての政治 林芳正、津村啓介著

国会議員の仕事 職業としての政治 林芳正、津村啓介著

二人の現役国会議員が、議員になるまでの過程をはじめ、国会での仕事、国会議員の収入と支出、選挙運動のあり方などを明らかした。

一方は、自民党の参議院議員で2世議員。一方は、民主党の衆議院議員である。地盤、看板、カバンのいわゆる「3バン」がある前者と、何のつてもない後者が国会議員になるために必要なものとは何なのか。また、二人の違いが如実に反映されることになったのが、2009年の政権交代だ。ここで二人の立場は逆転。与野党のポジションが入れ替わったことで、仕事の内容や質に変化が起こる模様は実に劇的である。

現代日本をめぐる状況や、国会議員の資質についての二人の対談も収録されている。

中公新書 861円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。