国会議員の仕事 職業としての政治 林芳正、津村啓介著

国会議員の仕事 職業としての政治 林芳正、津村啓介著

二人の現役国会議員が、議員になるまでの過程をはじめ、国会での仕事、国会議員の収入と支出、選挙運動のあり方などを明らかした。

一方は、自民党の参議院議員で2世議員。一方は、民主党の衆議院議員である。地盤、看板、カバンのいわゆる「3バン」がある前者と、何のつてもない後者が国会議員になるために必要なものとは何なのか。また、二人の違いが如実に反映されることになったのが、2009年の政権交代だ。ここで二人の立場は逆転。与野党のポジションが入れ替わったことで、仕事の内容や質に変化が起こる模様は実に劇的である。

現代日本をめぐる状況や、国会議員の資質についての二人の対談も収録されている。

中公新書 861円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT