(第61回)電力を多用せずに豊かになる方法は?


 これを国際比較で確かめてみよう(下グラフ)。青色のグラフはGDP当たりの最終エネルギー消費量、赤色はGDP当たりの電力使用量である。いずれも、日本を1とする指数で示してある。この数字が1より高ければ、日本と比べエネルギーや電力の使用が非効率的であること(1単位のGDPのために日本より多くのエネルギーや電力を消費していること)、1より低ければ日本と比べ効率的であることを意味している。

まず注目されるのは、中国のエネルギー効率が著しく悪いことだ。これは、非農業部門で製造業の比率が高いこと(サービス産業の比率が低いこと)と、石炭など効率の悪いエネルギー源に頼っているためと思われる(最終エネルギー消費量中の「固形」の比率が、日本28・7%に対して中国は77・5%である)。

韓国も、中国ほどではないが、効率が悪い(韓国の「固形」比率は、34・4%)。それに対してヨーロッパ諸国は、概して日本よりエネルギー効率がよい。

とりわけ注目されるのは、イギリスだ。GDP当たりの電力使用量は、日本の42%でしかない。こうなるのは、他のエネルギー源への依存が高いことにもよるのだろう。しかし、総エネルギーで見てもGDP当たりで日本の90%しか使用していないのだから、産業構造と貿易構造の違いが影響していると考えられる。

イギリスの場合、経済の中で金融業を中心とする高付加価値サービス業の占める比率が著しく高い。そして、貿易収支は傾向的に赤字である。こうした構造のために、少ない電力使用で経済活動が成り立っているのだ。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT