【産業天気図・通信業】携帯の番号ポータビリティ制度導入で顧客争奪戦が激化

契約者数が8000万人を超し、新規加入契約数の伸びが頭打ちとなっている携帯電話市場では、2006年10月から導入される番号ポータビリティ制度(電話会社を変えても番号は変わらない)で顧客の流動化が予想され、NTTドコモ、KDDI、ボーダフォンの顧客争奪戦は激化が必至の情勢だ。各種割引制度などの料金値引きを含めたキャンペーンの展開で、各社の業績が伸び悩む懸念が指摘されている。固定系ブロードバンドもNTTグループが光ファイバーサービスの拡大を強力に推し進めており、携帯と同様に値引き競争の過熱は避けれらそうにない。当面は『曇り』の空模様が続くといえよう。
【井下健悟記者】


(株)東洋経済新報社 電子メディア編集部

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 30歳とお金のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
楽天の通信事業<br>狙いと勝算をすべて話そう

2019年10月、第4の通信会社として自前回線でのサービスを開始する楽天。今回の通信参入プロジェクトを「神がかりのショット」続きだったと話す三木谷浩史会長兼社長。その真意とともに、狙いや勝算、世界を見据えた成長戦略を聞いた。