【産業天気図・通信業】携帯の番号ポータビリティ制度導入で顧客争奪戦が激化

契約者数が8000万人を超し、新規加入契約数の伸びが頭打ちとなっている携帯電話市場では、2006年10月から導入される番号ポータビリティ制度(電話会社を変えても番号は変わらない)で顧客の流動化が予想され、NTTドコモ、KDDI、ボーダフォンの顧客争奪戦は激化が必至の情勢だ。各種割引制度などの料金値引きを含めたキャンペーンの展開で、各社の業績が伸び悩む懸念が指摘されている。固定系ブロードバンドもNTTグループが光ファイバーサービスの拡大を強力に推し進めており、携帯と同様に値引き競争の過熱は避けれらそうにない。当面は『曇り』の空模様が続くといえよう。
【井下健悟記者】


(株)東洋経済新報社 電子メディア編集部

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT