バンダイの「Bトレ」は、なぜ売れ続けるのか

登場から13年、色あせない鉄道ホビー

Nゲージを楽しんでいる層に受けているBトレだが、意外にも買った車両がNゲージ化される率は低く「1割くらいじゃないかと言われています」(近藤さん)。

コレクションの一部のみをNゲージ化する人が多いほか、走行用の部品をその都度走らせたい車両に付け替えるユーザーもいるためという。レイアウトベースの発売によって走らせるユーザーが増えれば、相乗効果でNゲージ化用の部品が売れることも期待できる。

また、車両だけでなく建物などのジオラマ関係についても、もしレイアウトベースの販売が好調であれば検討はしていきたいと言う。

ショーティーでNゲージと互換性があるのはバンダイだけ

画像を拡大
みなとみらい線の車両。長さは半分だがリアルだ

Bトレが登場した2002年当時と比べ、鉄道趣味は「乗り鉄」「撮り鉄」といった言葉が一般化するほどに定着してきた。一方で、Bトレ以外にも「鉄道コレクション」(トミーテック)や「プラレールアドバンス」(タカラトミー)など、鉄道模型の新ジャンルや、よりリアリティを追及した鉄道玩具が登場している。

だが、「ショーティー」であり、Nゲージとも互換性があるというBトレの特徴を持った類似製品は今のところ存在しておらず、ほかの鉄道ホビー系商品とはすみ分けができているようだ。

近藤さんは最近の鉄道系商品の広がりについて「鉄道関連全体が盛り上がっていけば売れ行きも上がるので、ある意味では競合かもしれませんが、ありがたいことでもありますね」と話す。

独自性とこだわりのある商品開発によって「鉄道モノ」の1ジャンルとして確固たる地位を築いてきたBトレ。レイアウトベースという新たな商品の登場を含め、今後の展開も注目される。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。