中古マンション、「価格上昇」100駅ランキング

首都圏1位は横浜元町、近畿・名古屋はどこ?

品川駅と隣接する車両基地。この近辺の分譲マンションなら、売却時も高く売れそうだ(写真:日陽 / Imasia)

新築マンションを買ってその10年後に、どの程度の価格で売れるだろうか。すでにマンションを所有している人も、これから購入を検討している人も、「最寄り駅の売却時のマンション価格」は気になるところだ。

今回の「マンションランキング」は、2004年に3大都市圏で新規分譲された物件が、10年後の2014年、中古でどの程度の価格で売れたのかを、駅ごとに調べたもの。新築時と10年後を比較して、高い順にランキングしたものだ。ここで言う「価格維持率」とは、たとえばこの値が130%なら、その駅の物件は「分譲時よりも、30%高い価格で売却された」ということを意味する。データは、東京カンテイが独自に集計した。

全般的に言えるのは、2004年は地価が底値に近く、結果的にこの時期に購入すればおトクだったということだ。特に首都圏の「ベスト100駅」はすべて分譲時よりも、売却時の価格が上回っている。

横浜の中華街に買っていれば、1.61倍に!

では首都圏、近畿圏、中京圏の順に個別の駅を見ていこう。首都圏1位となったのは、横浜高速鉄道みなとみらい線の「元町・中華街」駅。なんと分譲時よりも、10年で61.1%も高い価格で売れたことになる。

みなとみらい線の開通は、まさに2004年の2月1日。「元町・中華街」駅は日本を代表するチャイナタウンだが、開通前は必ずしも利便性がよかったわけではない。同駅は横浜から数えて5番目の駅だが、開通と同時に利便性が大きく向上したことが、「価格上昇」につながった。

他の上位駅を見てみると、品川、新浦安など人気の駅が上位に来ているのは予想できるが、5位の東京地下鉄・辰巳駅、16位の東京急行東横線・武蔵小杉駅、22位のJR山手線・秋葉原などの駅が存在感を放っている。「大規模な再開発があった場所が大きく価値を上げており、かつてとは異なる駅がランキングの上位に来ている」(東京カンテイ・井出武・市場調査部上席主任研究員)のが、ひとつの特徴だ。

次ページ首都圏1~50位は?
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。