中国自動車大手が開発「分離式」の空飛ぶクルマ 広汽集団、空中と地上の「立体的運用」目指す

✎ 1〜 ✎ 1279 ✎ 1280 ✎ 1281 ✎ 最新
拡大
縮小
空飛ぶクルマの発表会
広汽集団の技術開発イベントで披露された空飛ぶクルマ「GOVE」(写真は広汽集団のウェブサイトより)

中国の国有自動車大手の広州汽車集団(広汽集団)は6月26日、独自に開発した「空飛ぶクルマ」を初公開した。「GOVE(ゴーヴ)」と名付けられた試作機は、発表会場の屋外でデモンストレーション飛行も行った。

「われわれは空飛ぶクルマの開発に真剣に取り組んでいる。とはいえ、商用化に至るまでの道のりはまだ長い」。広汽集団の研究開発部門である広汽研究院の呉堅院長は、財新記者の取材に対してそうコメントした。

空飛ぶクルマの機体設計の特徴

呉氏によれば、GOVEのデモ飛行は(広汽集団が思い描く未来像の)最初の一歩にすぎない。

「将来的には、(広汽集団が開発・運営する)ネット配車アプリや自動運転タクシーとGOVEを一体的に運用していく。スマートフォン1つでタクシーも空飛ぶクルマも呼び出すことができる、(空中と地上を組み合わせた)立体的モビリティーのソリューションを作り上げたい」(呉氏)

なお、広汽集団はGOVEの航続距離、飛行速度、座席数、操縦方法などの具体的な詳細は公表していない。また、商用化の時期についても見通しや目標は示さなかった。

空飛ぶクルマとしてのGOVEの特徴は、「分離式」の機体設計を採用したことだ。

次ページ「分離式」の設計を行った狙いは?
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT