原発事故拡大が阻む「おくりびと」の派遣

拡大
縮小


14日10時現在で福島県内の死者は1282人、行方不明2781人と、岩手、宮城に比べると少ない。だが、福島第一原発から10キロメートル圏内の捜索は未着手のため、遺体の多くは発見されていない可能性がある。関係者の間では、「これからはがれきの下や海からの遺体回収が増え、損壊の程度もひどくなる」との見方が少なくない。

全互協は人的支援のために1チーム10人を10グループにまとめ、福島県の各市町村からの支援要請を待っているが、いつまでも要請が来ないことに戸惑いを隠せない。ただ、実際に要請が来ても応じるかどうかは、「ケースバイケースにならざるをえない」(全互協)と、歯切れは悪い。

福島が陸の孤島となってはならない。一刻も早く身元を確認し、埋葬することが必要だが、見えない壁は予想以上に高そうだ。

(筑紫祐二 =週刊東洋経済2011年4月23日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT