日本原子力学会が、福島第一原発1~3号機の状態を推定

日本原子力学会が、福島第一原発1~3号機の状態を推定

日本原子力学会の「原子力安全」調査専門委員会技術分析分科会は、4月18日、福島第一原発の1~3号機の現状についての推定を発表した(→こちら)。
 
 それによると、現在行われている注水が続けられれば、原子炉と使用済燃料貯蔵プールは安定した状態を維持し、今後、多くの放射性物質が放出される可能性は小さくなるという。
 
 ただし、余震などのリクスもあることから、多重化された安定的な冷却システムの構築が欠かせず、また放射能汚染水の漏洩防止も重要としている。
 
 各号機の状態についての評価の概要は以下表のとおり。どの号機も深刻な状態にあるが、中でも2号機はすでに圧力容器、格納容器が破損、大量の放射性物質を放出させてしまった。3号機も圧力容器からは気体、液体が漏洩、格納容器からも気体が漏洩している。1号機は、2,3号機に比べれば圧力容器、格納容器とも健全性は残っているようだ。
 


日本原子力学会発表資料を基に東洋経済まとめ

写真提供:東京電力

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ベテラン車両の肖像
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT