世界トップ5入り「福島原発事故ドラマ」の賛否 Netflix「THE DAYS」事実に基づく再現性の限界

✎ 1〜 ✎ 95 ✎ 96 ✎ 97 ✎ 最新
拡大
縮小
東京電力福島第一原子力発電所事故を全8話のドラマにした役所広司主演「THE DAYS」がNetflix公式ランキング(非英語TV)で世界5位をキープする(画像:Netflix)
この記事の画像を見る(5枚)
Netflix、Amazon プライム・ビデオ、Huluなど、気づけば世の中にあふれているネット動画配信サービス。時流に乗って利用してみたいけれど、「何を見たらいいかわからない」「配信のオリジナル番組は本当に面白いの?」という読者も多いのではないでしょうか。本記事ではそんな迷える読者のために、テレビ業界に詳しい長谷川朋子氏が「今見るべきネット動画」とその魅力を解説します。

役所広司が実在した吉田所長役

東京電力福島第一原子力発電所事故を全8話のドラマにした作品が「THE DAYS」です。Netflixが6月1日から世界配信した初週からNetflix公式グローバルランキング(非英語TV)で堂々の5位と、世界各国で視聴されています。マグニチュード9.0の巨大地震と大津波の直撃を受けた原発事故は関心を集めやすく、間違いなく重要なテーマです。その分、国境を超えるドラマ作品としてのクオリティが期待されるわけですが、厳しい評価も受けています。なぜ賛否両論を生んでしまっているのでしょうか。

ドラマ「THE DAYS」が焦点を当てているのは、福島第一原子力発電所で事故が発生した2011年3月11日から現場で何が起こっていたのかというもので、割とストレートな筋立てです。原子力発電所が全電源喪失し、原子炉が次々と制御不能になった事故現場に対峙した人々が物語の中心人物となりながら、日本政府と電力会社本体の視点も加えて、前代未聞の緊迫した数日間を追っています。

原子炉建屋内に突入した決死隊のベテラン原発運転員「古さん」を小林薫が好演(画像:Netflix)

主役は実際の事故当時、福島第一原子力発電所の所長を務め、現場を指揮した故・吉田昌郎氏がモデルとなり、役名もそのまま吉田所長として、役所広司が演じています。

第76回カンヌ国際映画祭で役所が男優賞を受賞した直後に、このドラマが世界配信されていますから、キャスティングの観点からも海外の映画・ドラマ批評家の注目を集めやすくしています。

次ページほか重要キャラクターも名の知れた役者が揃う
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT