仰天!コヨーテがマンハッタンに出現した

ヘリを投入して高級住宅街で捕獲作戦

 4月22日、米マンハッタンの高級住宅街にコヨーテが出没、警察がヘリや地上部隊を動員する大取り物となった。写真は昨年4月に撮影したマンハッタンのウェストサイド(2015年 ロイター/Brendan McDermid)

[ニューヨーク 22日 ロイター] - 米マンハッタンに隣接する高級住宅街に22日、コヨーテが出没、警察がリバーサイドパークを閉鎖しヘリや地上部隊を動員する大取り物となった。

コヨーテは明け方にマンハッタンのウェストサイドで目撃され、コロンビア大学やグラント大統領の墓にも及ぶ追跡が午後まで行われたが、捕獲できなかったという。

ここ数週間、ブロンクスやクイーンズ、およびニュージャージー州の郊外で複数のコヨーテが目撃されており、野生動物の専門家らは、コヨーテがより餌の豊富な都市部を好むようになってきたとみている。

ノースカロライナ大学で都市部の野生動物について研究する動物学者、ローランド・ケイズ氏は、ニューヨークやシカゴ、ロサンゼルスなどの都市部にコヨーテが入り込む例が相次いでいると指摘。コヨーテには、ネズミ、リス、ウサギ、ペットのネコなどの餌がより豊富な環境に適応する能力があることが示唆されていると述べた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。