チリのカルブコ火山が50年ぶりに噴火

住民4000人が避難

 4月22日、チリ南部のカルブコ火山が、約50年ぶりに噴火し、チリ政府は非常警報を発令した(2015年 ロイター/Carlos Gutierrez)

[サンティアゴ 22日 ロイター] - チリ南部のカルブコ火山が22日、約50年ぶりに噴火し、チリ政府は非常警報を発令した。噴火口から半径20キロの地域の住民ら約4000人が避難したという。

ペニャイリジョ内相は、これまでのところ死傷者や不明者は報告されていないと明らかにしたが、火山泥流などが発生する危険性があると警告した。

テレビ映像によると、キノコ型の噴煙が火口から空高く伸びており、その様子は50キロ離れた町からも確認できた。

LATAM航空グループ<LAN.SN>は、火山灰で機体が損傷を受けたり飛行に危険があることから、地域最大の都市プエルトモントを発着する便の運休を決めた。

関連記事
トピックボードAD
  • インフレが日本を救う
  • 30歳とお金のリアル
  • 北朝鮮ニュース
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
転機のLCC ピーチが仕掛けるアジア大競争

日本初のLCC(格安航空会社)、ピーチ。国際線は台湾・韓国への短距離路線が中心だったが、中距離路線に参戦。東南アジア全域を狙う。拠点・関空は台風で混乱。新戦国時代に突入。