チリのカルブコ火山が50年ぶりに噴火

住民4000人が避難

 4月22日、チリ南部のカルブコ火山が、約50年ぶりに噴火し、チリ政府は非常警報を発令した(2015年 ロイター/Carlos Gutierrez)

[サンティアゴ 22日 ロイター] - チリ南部のカルブコ火山が22日、約50年ぶりに噴火し、チリ政府は非常警報を発令した。噴火口から半径20キロの地域の住民ら約4000人が避難したという。

ペニャイリジョ内相は、これまでのところ死傷者や不明者は報告されていないと明らかにしたが、火山泥流などが発生する危険性があると警告した。

テレビ映像によると、キノコ型の噴煙が火口から空高く伸びており、その様子は50キロ離れた町からも確認できた。

LATAM航空グループ<LAN.SN>は、火山灰で機体が損傷を受けたり飛行に危険があることから、地域最大の都市プエルトモントを発着する便の運休を決めた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 看取り士という仕事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
企業の成長に最も大切なものは<br>新浪剛史氏インタビュー

社員を追い詰めながら業績をひねり出すのではなく、「まずは理念の共有」が新浪流。ローソンから移って5年目、サントリーホールディングスの舵を取る辣腕経営者が、米ビーム社統合でも貫かれた「社員を大事にする経営」の神髄を語る。