東日本大震災当日から欠かさずに営業を継続したヨーカ堂石巻あけぼの店、品ぞろえ充実で市民生活改善を後押し


 青山店長は、「かつて中越地震時に新潟市内の店舗に勤務していた時の経験が生きた」と話す。「その時の経験から、何をどうすべきかを理解していた」(同氏)。食料や寝る場所の確保など、泊まり込みで勤務を続けた従業員への配慮も欠かさなかった。

震災から1カ月が経過する中で、被災地では生活格差も広がっている。電気や水道の復旧で普段の生活を取り戻す市民が増えている一方、自宅を失った市民の多くは今も避難所で不自由な生活を続けている。
 
 さまざまな状況にある市民の生活全般をカバーするためにも、「核になる商品を奥深く持ちつつ、震災以前の生活に必要な商品の品ぞろえも増やしていく必要がある」(青山店長)。

イトーヨーカ堂の店内の品ぞろえが充実していくことは、石巻の復興と表裏一体の関係にあることは間違いない。道のりは平坦ではないが、粘り強い努力が今も続く。


震災当日から営業(撮影:3/26 17時前)


より大きな地図で 東日本大震災 を表示

(岡田 広行 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT