悪条件で高コスト覚悟の復旧工事、「復興構想会議」は民間の知恵と資金の動員が不可欠【震災関連速報】

大震災の発生から1カ月。被災地では、街づくりの復興デザインを早期に明示することが、生きる希望の光となるとの声が上がる。震災特需を期待する向きは、建設株の急騰という形で現れた。復興の担い手でもある建設業界のこれまでの動向を振り返りつつ、被災地復興を模索する公共インフラ整備のあり方を探る。

地震と津波が起きた直後。公共インフラ関連の業界団体は、地区や加盟企業ごとにエリアを分けて、被災地への復旧支援に乗り出した。

土木業界は、全国の工事現場や保管場所にあった仮設ハウス、仮設トイレ、ゴムボート、テント、ストーブをかき集めて、被災地に送る準備を急ピッチで進めた。支援態勢は、業界団体と国土交通省が綿密に協議を重ねながら、個別企業が重複したエリアを支援しないように工夫した。

道路や鉄道など破壊された交通インフラの応急措置は、専門工事業者が活躍し、震災発生から10日間で道路が8割、鉄道が7割の比率で復旧にこぎつけた。被災地の原子力発電所や湾内のがれき除去など危険な作業では、現地で業務を請け負った経験のある建設会社が奮闘。仮設住宅建設の整地や、液状化対策工事でも、地元自治体の要請に基づき、さまざまな建設関連業者が、現地に資・機材を持ち込んで工事を行っている。

大手道路会社のある幹部は「こうした現地支援は採算度外視で対応した」と振り返る。「阪神淡路大震災や新潟中越地震の応急措置と同じで、具体的な工事契約を交わしている時間はない。あとで実費を受け取れれば御の字」とその幹部は語る。応急措置に伴う工事の代金が、国や自治体の2010年度予算の予備費などから支払われるかどうか、現段階で分からない。

実現可能な復興ビジョン必要

政府・与党は、近く1・5兆円規模の公共事業が盛り込まれた2011年度第1次補正予算を国会に提出する。公共事業は、被災地の生活再建と農業・港湾施設の復旧に充てられるとみられる。被災地の公共工事のうち中小案件は、仮設住宅建設や、がれきの除去を含めて、土地勘のある地元建設業者が請け負う場合がほとんどだ。

東京や大阪に本社がある総合建設会社(ゼネコン)が請け負う大規模な案件は、少し先の話となる。現在、ゼネコンは、東京などから人材を送って、官民の中・大型建造物の被災状況を中心に調査を行っている段階。これらの修復工事は、がれき撤去のメドが経ったエリアから始まるため、今年夏場以降から一部動き出しそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT