「お相手にやる気がない」39歳婚活女性が抱く不満 アラフォー男女に「お相手」が見つからないワケ

✎ 1〜 ✎ 162 ✎ 163 ✎ 164 ✎ 最新
拡大
縮小
高所得、高学歴のアラフォー女性が成婚できない3つの理由とは…(写真:metamorworks/PIXTA)
仲人をしている筆者の経験則から言うと、婚活をしてもそれがなかなか結婚に結びつかないのは、30代後半以降の女性たちだ。なぜ彼女たちは、婚活からの結婚が難しいのか。
仲人として婚活現場に関わる筆者が、婚活者に焦点を当てて苦労や成功体験をリアルな声とともにお届けしていく連載。今回は、結婚できない30代後半女性たちの事情をつづりたい。

30代後半以上の女性が結婚しづらいのには、大きく分けて3つの理由があるように思う。

現役感満々、選ぶ気満々

1つめは、まだまだ現役感があり、“相手を選ぼう”という気持ちで婚活をしている。さらに女性が、高学歴、高年収で見た目もきれいだったりすると、その傾向は強くなる。

結婚の平均年齢は、男性31.0歳、女性29.4歳だ(総務省統計局が2022年に公表した2020年の数字)。男性で経歴がよく、仕事ができて、年収があり、コミュ力があると、この平均値前後で結婚をして家庭を築いている可能性が高い。

一方、女性は高学歴、高年収、見た目がきれいで、コミュ力のある人ほど、20代~30代前半は結婚をせず仕事や趣味に邁進してしまう。そして“そろそろ結婚しなきゃ”と思うのが、30代も後半に差し掛かった頃、もしくは40歳を過ぎてからだ。

やよい(39歳、仮名)は大学を卒業した後、大手企業で働いている。地方出身で一人暮らしをしているのだが、年収は1000万円近くあった。入会面談のとき、プロフィールを作るにあたって、こんなことを言っていた。

「学歴は大卒以上。年収もできれば同等か私以上ある方がいいです。あと、一人暮らしの経験がある方。実家暮らしの男性は、母親になんでもやってもらって当然という生活をしてきていますから、そこは避けたい。母親代わりにされるのは困ります。年齢も、プラスマイナス5歳くらいがいいです」

とはいえ、日本人の平均年収は、443万円(国税庁による2021年分民間給与統計調査)。日本で1000万円以上稼いでいるのは、男性が7.6%、女性が1.2%だ(2019年「国税庁調査」)。ここには既婚者も含まれているわけで、独身者として残っているのは、この数字の半数以下だと考えていいだろう。

さらに、男性というのは、高所得者ほどできるだけ年齢の若い女性とお付き合いしたい、結婚したいと思っているものだ。また、それができると過信している。アラフォー男性で1000万円を超える収入があったら、同世代の女性には目はいかない。20代後半や30代前半と結婚をしたがるのだ。

次ページ1000万円稼ぐ女性の言い分
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT