【産業天気図・半導体】

WSTS(世界半導体出荷統計)の春季統計によると、2005年暦年の半導体出荷は2004年比6.3%増の2265億ドルと、まずまずの数字。2004年7月から始まった市場調整の底は、浅くなりそうな情勢だ。
 ただし、これを日本市場に限って見ると、同比3.3%増の472億ドルと、伸びが低い。これは、日本メーカーが得意とするデジタル家電向けシステムLSIが、在庫調整の影響で、依然として厳しい環境にあるためだ。それだけに今後が注目されるが、年度後半からはゲーム向けを軸にシステムLSIが急回復する公算で、調整を脱した2006年には、国内市場全体で2ケタ成長が見込めそうだ。
【山田俊浩記者】


(株)東洋経済新報社 電子メディア編集部

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。