【産業天気図・半導体】

WSTS(世界半導体出荷統計)の春季統計によると、2005年暦年の半導体出荷は2004年比6.3%増の2265億ドルと、まずまずの数字。2004年7月から始まった市場調整の底は、浅くなりそうな情勢だ。
 ただし、これを日本市場に限って見ると、同比3.3%増の472億ドルと、伸びが低い。これは、日本メーカーが得意とするデジタル家電向けシステムLSIが、在庫調整の影響で、依然として厳しい環境にあるためだ。それだけに今後が注目されるが、年度後半からはゲーム向けを軸にシステムLSIが急回復する公算で、調整を脱した2006年には、国内市場全体で2ケタ成長が見込めそうだ。
【山田俊浩記者】


(株)東洋経済新報社 電子メディア編集部

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ネットで故人の声を聴け
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT