三菱重工MRJ、初飛行の延期でどうなる?

2017年の初号機納入に向け、開発は正念場に

三菱重工業の鯨井洋一副社長(左)、三菱航空機の森本浩通社長らも出席して、最新の状況を説明した

いずれにせよ、最大の焦点は2017年4~6月を予定する初号機納入のスケジュールを守れるかどうか。旅客機の開発は、実際に飛んでからが大きな正念場だ。

機体の開発において、飛行試験開始後の大きな作業は二つある。まず一つ目は、実際に集めた飛行データを解析・分析して、その結果をもとに改良すべき点は改良し、最終設計に仕上げること。もう一つは、地上試験や飛行試験の膨大なデータを用いて安全性を客観的に証明し、最終的に国から型式証明と呼ばれる機体の安全認証を得ることだ。特に後者は、旅客機開発における最大の難関と言っていい。

ボーイングの最新鋭旅客機787は、初飛行が2009年12月で初号機納入が21カ月後の2011年9月だった。同じくエアバスの最新鋭機・A350XWBでは、初飛行が2013年6月でカタール航空への初号機納入が18カ月後の2014年12月だった。

ライバルの新機種投入も迫る

MRJの場合、初飛行を9月とすると、納入開始までの期間は19~21カ月。期間自体は787やA350とほぼ同じだが、経験豊富なボーイングやエアバスと違って、三菱航空機はあくまで新規参入組。日程的なハードルは高いと言えるだろう。

新たな開発スケジュールを説明する三菱航空機の岸信夫副社長。「約束している納期は守れる」と強調した

それでも、さらなる納期の遅延は許されない。なにしろ、過去3度に渡るスケジュール延期により、現在の納期予定は最初の目標から4年も遅れている。しかも、MRJの開発が長期化する間に、最大のライバルであるブラジルのエンブラエルは、現行機「Eジェット」の改良型後継機の開発に着手。後継機「E2シリーズ」は、MRJと同じ米プラット&ホイットニー社の最新鋭エンジンを搭載する。主翼なども改良することでMRJと同等の燃費性能を謳っており、2018年前半から納入を開始する計画だ。

仮にMRJが開発作業に手間取り、納期がさらに遅れるような事態になれば、今後の受注に深刻な打撃を及ぼしかねない。「初飛行、初納入に向けて、開発作業はいよいよ佳境に入る」(三菱航空機の森本浩通社長)。半世紀ぶりとなる国産旅客機・MRJの開発は、まさに時間との戦いになってきた。

人気記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
会計新基準<br>「売上高」が変わる

売上高が6割減にもかかわらず、営業利益は増えた企業も現れた。会計の新基準を適用した結果だ。全産業にかかわる過去最大の基準変更が今年から徐々に広がっていく。