計測器や通信機器を手掛けるアンリツは福島・郡山工場が正常稼働【震災関連速報】

計測器や通信機器を手掛けるアンリツは福島・郡山工場が正常稼働【震災関連速報】

計測器や通信機器の有力企業であるアンリツは、東日本大震災を受けて一時生産を停止していた生産拠点の郡山事業所と東北アンリツ(福島県郡山市字道場)の操業を3月28日までに再開した。

もともと震災からの復旧は迅速だったものの、東京電力福島第一原子力発電所の事故による屋内待避圏近くに居住する従業員らを考慮し、生産再開を一時中断していたが、3月28日朝から全ラインで完全に生産を再開している。物流も、郡山からの直接出荷・納入体制を整え、インフラも水道、電気、ITシステムとすべて正常稼働しており、当面の操業に支障はない。

一部部品等調達先には復旧状況が完全でない部分もあるが、一時的に代替部品を導入するなど対策を講じており、震災による納期のずれ込みは、2011年度第一四半期内にはほぼ取り戻せると見ている。

(小長 洋子 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT