伝説の編集長が教える「四季報春号」独自攻略法 春号ならではの特徴をつかみお宝銘柄を発掘

拡大
縮小
『会社四季報春号』は3月17日発売。『米国会社四季報』も4月に刊行予定だ
3月13日発売の『週刊東洋経済』では、「株の道場 米国株&日本株」を特集。『会社四季報』春号(3月17日発売)の最新予想に加え、『米国会社四季報』の作成ノウハウを生かし、日本株・米国株の最新ランキングなどを多数掲載。「お宝銘柄」を発掘するノウハウをお伝えしている。
本記事では、その特集の中から、『会社四季報』を30年以上にわたり編集・執筆してきた“伝説の編集長”が、春号の活用方法を解説した記事をお届けする。

コロナ禍直前の株価と比較

会社四季報 2023年2集 春号
『会社四季報 2023年2集 春号』(東洋経済新報社)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

3月17日発売の『会社四季報』2023年2集(春号)は月足チャート上で、あるポイントを押さえて銘柄を選べる最後のチャンスとなる。今回のポイントとなるのは新型コロナ禍直前の株価との比較だ。

春号の月足チャートは、2019年10月から始まっており、ちょうどコロナショック前の高値が確認できる。次の夏号になると2020年1月からの月足チャートとなるため、コロナ前の株価と比較できるのは今号が最後となる。

四季報春号によると、日清製粉グループ本社(2002)の2024年3月期の純利益は4年ぶりに過去最高を更新する見通しだが、足元株価は1600円前後と、2019年10月高値の7割水準で停滞したままだ。

次ページ「出遅れ銘柄」があるか
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT