【産業天気図・自動車】原油高騰がむしろ北米などでの日本車人気につながる

「成熟・縮小する国内市場に対し、北米を中心とする海外市場で利益の大半を稼ぐ」という業界の基本的な構図に変化はない。昨今の原油高騰は、ガソリン高として顕在化しており、自動車販売にとって一見マイナス要因。しかし、海外では逆に、低燃費で品質の高い日本車人気に結びつくという好循環を生んでいるのが実態だ。消費減退が懸念される増税論議、金利上昇などを含めたリスクは、国内市場でのインパクトが大きいが、その意味でも、トヨタが8月末に投入した高級車「レクサス」の行方に注目が集まる。利幅の大きい高級車のパイが国内で広がれば、業界の足腰は一段と強くなるが、どうなるか。
【野村明弘記者】


(株)東洋経済新報社 電子メディア編集部

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。