【産業天気図・自動車】原油高騰がむしろ北米などでの日本車人気につながる

「成熟・縮小する国内市場に対し、北米を中心とする海外市場で利益の大半を稼ぐ」という業界の基本的な構図に変化はない。昨今の原油高騰は、ガソリン高として顕在化しており、自動車販売にとって一見マイナス要因。しかし、海外では逆に、低燃費で品質の高い日本車人気に結びつくという好循環を生んでいるのが実態だ。消費減退が懸念される増税論議、金利上昇などを含めたリスクは、国内市場でのインパクトが大きいが、その意味でも、トヨタが8月末に投入した高級車「レクサス」の行方に注目が集まる。利幅の大きい高級車のパイが国内で広がれば、業界の足腰は一段と強くなるが、どうなるか。
【野村明弘記者】


(株)東洋経済新報社 電子メディア編集部

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ネットで故人の声を聴け
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT