有料会員限定

総合商社が問われる次世代産業を創出する力 事業投資で日本に活力を与えることができるか

✎ 1〜 ✎ 12 ✎ 13 ✎ 14 ✎ 15
拡大
縮小

地政学リスクの高まりを受け、日本での次世代産業創出に照準。

住友商事入社7年目の瀬戸さんら若手の知見が融合して新事業が生まれる(写真:記者撮影)

特集「総合商社 国内回帰」の他の記事を読む

住友商事が入る東京・大手町のオフィスビル24階で、新しい事業が産声を上げようとしている。メディア事業本部に所属する入社7年目の瀬戸峻平さんら若手3人が立ち上げる知的財産のマッチングプラットフォーム「キャラタロウ」だ。

日本のアニメは四半期ごとに40〜50本がテレビ放映されている。一般には知られていなくても、一定層に絶大な人気を誇るアニメもある。瀬戸さんはこうしたアニメキャラクターの商品化を企業に提案する仕事をしているが、企業側のスケジュールやターゲットと合致しなければ見向きもされない。

次ページ総合商社は特殊なコングロマリット
関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
総合商社 国内回帰
「35年ぶり出店」の国内支店で地域共生打ち出す
ハイリスク、ローリターンといわれる洋上風力
地域課題である過疎化にどう対峙するのか
今期純利益は1兆円超え、問われる次の投資戦略
現状のままでは「日本は永遠に縁の下の力持ち」
マーケットインの発想で再エネ分野を強化
再エネや病院、給食事業の展開にアクセル
住友の事業精神「企画の遠大性」を貫けるか
モビリティーや再エネ事業に積極投資していく
出資先と緩やかな連合を形成、反撃態勢狙う
量子コンピューターも活用し次世代施設を開発
モビリティーシステムで過疎地域を変える
商社の社風と個性を仮面ライダーに例えて解説
匿名座談会、総合商社の「リアル」と「裏側」
事業投資で日本に活力を与えることができるか
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内