有料会員限定

丸紅が本気で挑む「オンデマンド交通」革命 モビリティーシステムで過疎地域を変える

✎ 1〜 ✎ 11 ✎ 12 ✎ 13 ✎ 最新
拡大
縮小

AI活用のオンデマンド交通に乗り出す思惑は?

タブレットを操作するバスの乗務員
丸紅は北海道石狩市でオンデマンド交通の実証実験を始めた(写真:石狩市)

特集「総合商社 国内回帰」の他の記事を読む

丸紅は人口減少が進む地方で、交通の課題解決に向けた取り組みに力を入れている。

足元では、人口減少やドライバー不足で地域の路線バスの減便が相次ぎ、住民の生活維持が困難になっている。丸紅の柿木真澄社長は「地方都市では過疎化でバス運行が難しくなるなど、モビリティーの問題が表面化している。自動運転システムの導入など、商社の持つ知見を生かした取り組みを加速させなければならない」と話す。

次ページオンデマンドタクシーの実証実験も
関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
総合商社 国内回帰
「35年ぶり出店」の国内支店で地域共生打ち出す
ハイリスク、ローリターンといわれる洋上風力
地域課題である過疎化にどう対峙するのか
今期純利益は1兆円超え、問われる次の投資戦略
現状のままでは「日本は永遠に縁の下の力持ち」
マーケットインの発想で再エネ分野を強化
再エネや病院、給食事業の展開にアクセル
住友の事業精神「企画の遠大性」を貫けるか
モビリティーや再エネ事業に積極投資していく
出資先と緩やかな連合を形成、反撃態勢狙う
量子コンピューターも活用し次世代施設を開発
モビリティーシステムで過疎地域を変える
商社の社風と個性を仮面ライダーに例えて解説
匿名座談会、総合商社の「リアル」と「裏側」
事業投資で日本に活力を与えることができるか
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内