「デート1回6万円」30代男性が成婚しない根本原因 仲人が考える結婚の成否決める「ポイント4つ」

✎ 1〜 ✎ 158 ✎ 159 ✎ 160 ✎ 最新
拡大
縮小
もう何年も婚活をしているのに、なかなか結婚できない…。その根本原因には「相手選び」がありそうです(写真:amadank /PIXTA)
もう何年も婚活をしているのに、なかなか結婚できない人たちがいる。「婚活を簡単に考えていた」「そもそも本当に婚活で結婚できるのか?」そんな声を聞くことがあるのだが、苦戦している人たちを見ていると、相手の選び方を間違えている。
仲人として婚活現場に関わる筆者が、婚活者に焦点を当てて、苦労や成功体験をリアルな声と共にお届けする連載。婚活は相手に出会うことから始まるのだが、こんな相手を選ぶと失敗するという例を紹介したい。

自然な出会いで結婚するのと、婚活で出会って結婚するのとの一番の大きな差は、まずは条件から入ることだ。

サイトを見て、年齢、住んでいる場所、年収、職業など、“この人となら結婚してもいい”と、まずは条件を納得できた人に申し込みをかける。また、申し込まれてきたお見合いを受諾する。

そして、お見合いをするのだが、良いか悪いかわからなかった相手には“交際希望”は出さないほうがいいと、私は思っている。もちろん、自分の中で、“もう一度くらい会ってみるか”という気持ちが勝っていたら“交際希望”を出すのも悪くはない。

「無意味」な交際希望は出さない

こんな会員がいた。

やすえ(39歳、仮名)は、ほかの相談所で2年間活動をしてきたのだが、なかなか結婚相手に巡り会えず、活動場所を変えてみようと、私のところにやってきた。

私の相談所での初めてのお見合いは、個人事業主のあきお(45歳、仮名)だった。お見合いのときは少々理屈っぽいところが気になったが、テンポよく会話ができたので、交際希望を出した。

ところが、初めてのデートのときのこと。確定申告の時期と相まって、彼が税金の話をした。税務関係の仕事をしていたやすえは、その話の所々が間違っていたので、そこを指摘すると、「いや、そんなことはないですよ」と、やすえが言ったことを認めなかった。

また、最初のデートでは、あきおが1000円程度のランチをごちそうしてくれたので、別れ際に、「次回は、私にごちそうさせてください」とやすえが申し出た。その後、2回目のデートの日程が決まると、あきおが「ここに行きませんか?」とLINEにURLを貼ってきた。その店は、一番安いランチが2000円から始まっていた。

やすえは、私に言った。「2回目のデートは、結局2人でランチして、5000円くらいかかりました。ごちそうするのはかまわなかったんですが、“この間のランチは2000円ちょっとだったのに”と思ったら、いい気持ちがしなかった」。

次ページ3回目のデートでまさかの「お願い」
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT